05/09/2020 10:22 GMT+7 Email Print Like 0

VABIOTECH-ベトナムの最先端のワクチンのブランド

設立から発展を続ける20年間後、保健省傘下の第1ワクチン生薬製造会社(VABIOTECH)は、生物学的製剤の研究をし、生産経営する会社である。2020年の年初で、ベトナムの新型コロナウイルスに感染した患者発生した時、VABIOTECH社は、イギリスのBristol 大学の科学者と協力し、ウイルスベクター技術で新型コロナウイルスを防止するワクチンを研究を開始した。
VABIOTECH社は、オーストラリアの品質マネジメントシステム(QMS)の ISO 9001:2008認定証明書を授与された。
VABIOTECH社の社長であるドー・トゥアン・ダット博士は、新型コロナワクチンを開発し、マウスを用いた実験を行っている。ワクチン接種から2週間後に血液を採取し、抗体の分析と評価を行う予定である。ワクチンの中の新型コロナウイルス抗体が体内に注入された時、体内で、主導的に新型コロナウイルスを防止する抗体が生まれた。それはワクチンを精選す重要な原料である。

2000年の前、VABIOTECHは、前は中央衛生疫学研究所(NIHE)の第1号ワクチンと生物学的製剤会社であった。当時、オープンな外交政策を実施し、国際社会へ参入したばかりで苦難に直面したが、VABIOTECH社は、ベトナムの全国拡大予防接種事業(EPI)の中のワクチン生産で著しい成果を収めた。


VABIOTECH社でワクチンを生産する工程の一つ
撮影:資料



VABIOTECH社におけるワクチン研究室で働く若い技術員
撮影:資料



VABIOTECH社で新たなワクチンを研究する。


ワクチンを研究するVABIOTECH社の科学者


VABIOTECH社のワクチンの研究室におけるワクチンの研究の活動
撮影:資料

細胞培養の品質を検査する


ワクチン充填機を操作する


VABIOTECH社は国際基準に達する設備を備え、ワクチンを研究し、生産することに突破した。
撮影:資料



VABIOTECH社は国際基準に達する設備を備え、ワクチンを研究し、生産することに突破した。
撮影:資料



VABIOTECH社の技術員は標準に達する設備を使用して働く。


この数年間、VABIOTECH社はワクチンを研究し、生産することで科学技術の成果を収めた。


VABIOTECH社は、国際基準に達する設備を備え、ワクチンを研究し、生産することに突破した。
撮影:資料





ベトナムの全国拡大予防接種事業(EPI)で使われるVABIOTECH社のワクチン
 
1996年、VABIOTECH社は、日本脳炎のワクチン、B型肝炎のワクチン、コレラ経口ワクチンでベトナム科学創造支援基金(VIFOTEC)の2つの賞を授与した。2000年、VABIOTECH社になり、医療省の下、戦略とビジョンについて新たな発展段階に入った。

GMP-WHO、 GSP と GSPの標準の設備を備え、ISO 9001-2015の品質管理のシステムがあり、VABIOTECH社の製品は、国内とベトナムの全国拡大予防接種事業で使用されるだけでなく、外国へも輸出される。

2012年、VABIOTECH社は、高評価のあるブランドや生産者と協力し、多くのワクチンとプロバイオティクスを生産する。

2018年、VABIOTECH社はキューバのFINLAYと覚書を調印した。VABIOTECH社は引き続き良質の日本脳炎のワクチン、A型肝炎のワクチン、コレラ経口ワクチンなどを生産する。ビジョンについて、VABIOTECH社は、東南アジアで最先端のワクチンの研究、生産のブランドになることに努力する。


文:タオ―・ヴィ
撮影:ヴィエット・クオンと資料

他の記事