• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

食・料理

キャッサバのチェー

黒砂糖の褐色をしたキャッサバの温かいチェー、人気のチェー、砕いていない柔らかく栄養のあるキャッサバ、砂糖が浸みたキャッサバの塊。キャッサバのチェーは生姜、タピオカ粉の香りが特徴で、ココナッツを少し乗せ、温かく甘い味です。作り方が簡単な民間料理で、家族が夕食をとった後に食べるデザートとして温かいキャッサバのチェーに勝るものはありません。

キャッサバはジャガイモ、ピーナッツ、トウモロコシなどと同様にベトナムの田舎の人が食べる塊茎類の野菜で、タピオカの原料にもなります。地域によって、この塊茎の名前は異なります。例えば、北部ではキャッサバ塊茎で南部ではキャッサバの根などです。キャッサバは冬と春に収穫され、ベトナムの凄腕料理人がキャッサバ芋を使って、顧客の健康増進に役立つ料理を作っています。温かいキャッサバのチェーはベトナム人にとっておもてなし料理の一つはとされています。

  温かいキャッサバのチェーはベトナムの田舎の民間療法。

キャッサバ芋は大きな塊茎を選びます。キャッサバ芋の外皮を剥がし、細かく切り、洗って塩水に約2時間浸し、毒素を取り除きます。浸している間に水が濁ってきたら、キャッサバがプラスチックをよりもきれいになるように水を交換する必要があります。キャッサバをきれいな水で数回洗い、鍋に入れ、塩を少し加えたらキャッサバが浸かるまで水を入れて火が通るまで煮た後、取り出します。キャッサバを縦半分に切り、中央の繊維を取り除き、小さな正方形に切ります。キャッサバを黒砂糖に2時間漬けて染みたら、約2Lの水を加えて、水が乾いて砂糖が濃くなるまで煮ます。目的は、砂糖が染みてキャッサバがより柔らかくなり、調理時に壊れないようにすることです。

キャッサバ芋、生姜、砂糖、ココナッツがキャッサバのチェーの材料。

 

生姜を洗い、一部をみじん切りにし、残りをつぶします。砂糖を鍋に入れ、溶けた砂糖がきつね色になるまで煮てから、水と生姜を入れて沸騰させ、砂糖が完全に溶けるまでかき混ぜます。次に、キャッサバを加えて沸騰させ、火を弱め、一人一人の好みに応じて味を調えます。キャッサバ粉をボウルに入れ少量の水と混ぜてから水を注ぎ、濃くなるまでゆっくりとかき混ぜて、沸騰させます。キャッサバのチェーを容器に入れ、細かく刻んだココナッツを上に振りかけて魅力的にします。より濃厚な味わいがお望みなら、ココナッツミルクを少し加えるととても美味しくなります。

文、写真:チャン・タイン・ザン


コン・トゥムの葉野菜のサラダ

コン・トゥムの葉野菜のサラダ

コン・トゥム(Kon Tum)の山間の町に行った人は誰でも日当たりが良く風の強い中部高原の有名な葉野菜のサラダを探して食べたくなります。

Top