• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

食・料理

サイゴンのブンチャー

ブンチャー・ハノイは北部の典型的な料理の一つです。最近、ブンチャーがホーチミン市のような都市でも食べられ、サイゴンの人々が楽しむ身近な北の料理となっています。


ブンチャーの材料には豚バラ肉を使います。まず、赤身の豚肩肉を薄く切ります。 紫玉ねぎ、玉ねぎの頭、にんにくをつぶし、みじん切りにして半分に分け、二つにした豚肉に入れます。



豚肉、つくね焼き、魚醤はブンチャーの美味しさを決める重要な三つの要素です。焼き肉と豚つくね焼きは香り豊かで、魚醤は酸味、辛さ、塩味、甘みが調和し、ブンチャーを美味しくします。続いて、豚肉にカラメルまたは黒醤油大さじ1、オイスターソース大さじ1、魚醤大さじ1杯、黄砂糖大さじ1杯、醤油大さじ1杯、蜂蜜大さじ1杯、胡椒少々を加えます。





焼き肉と豚つくね焼きは濃厚な香りが必要で、魚醤も酸味、スパイシー、塩味、甘味が調和している必要があります。



 

ここのブンチャーは豚バラの焼肉、魚醤、豚バラ肉のつくね焼がセットになっています。




よく混ぜてスパイスを深く浸み込ませるために冷蔵庫に3〜4時間入れます。肩肉のひき肉を丸い形にして焼きます。 一口大に切った豚バラ肉も同じです。



次に、肉とつくねを鉄板またはベーキングトレイで焼きます。焼くときは、時々少量の食用油をしきます。ほぼ黄金色になったら、少量の蜂蜜を塗って肉とつくねを黄金色にします。



ブンチャー「ヴァン・アイン」

営業時間: 午前8時 – 午後10時

 

住所:ホーチミン市タン・ビン区2町ホン・ハ36番地

 

ブンチャー「チュ・バット・ゾイ」

営業時間: 午前9時 – 午後5時

 

住所:ホーチミン市3区6町チュオン・クエン84番地


ここのブンチャーは豚バラの焼肉、魚醤(ヌオック・マム)、豚バラ肉のつくね焼、ブン、生野菜がセットになっています。焼肉は味付けされ、美しい色に焼き上がり、香りがよく、ジューシーで、脂肪がたっぷりです。サクサクっとしたパパイヤとにんじんが入ったタレにつけて食べますが、濃厚で自然な甘さが好きな人にぴったりです。

 

ブンチャーを食べる時にはレタス、ハーブ、シソなどの多くの緑色野菜が欠かせません。独特の美味しさのブンチャーはベトナム人に愛されているだけでなく、多くの海外からの訪問客をも魅了しています。

 

 

文、撮影:グエン・ルアン/ベトナムフォトジャーナル


  

コン・トゥムの葉野菜のサラダ

コン・トゥムの葉野菜のサラダ

コン・トゥム(Kon Tum)の山間の町に行った人は誰でも日当たりが良く風の強い中部高原の有名な葉野菜のサラダを探して食べたくなります。

Top