• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

旅行

ドゥック寺の美しい景色

リー・ソン島(クアン・ガイ省)はホアン・サ艦隊の目印として有名なだけでなく、美しい景色と通り一遍ではない平穏さを備えた落ち着いた雰囲気のドゥック寺があり、漢字で「鼎廉寺」と呼ばれています。
何千年も眠り続けている島の火山、ジエン・ティエン山の山腹に向かって139段の石段を登ると、小さいながらも非常に特別なドゥック寺が目の前に現れます。歴史的記録によると、紀元前60年からこの場所は虎の洞窟でしたが、その後、ザック・トゥアン僧侶によって修行の場として選ばれました。しかし、広々とした寺に改装されたのは2000年初頭のことでした。

ドゥック寺の風光明媚な境内にあるのは高さ27メートルの観世音菩薩の像で、山の奥深くにある古代の苔むした神社に通じています。

ジエン・ティエン山麓のドゥック寺につながる一本道の途中にあり、白く塗られた蓮の台座の上に立つ高さ27mの観世音菩薩像。
写真:コン・ダット/ VNP



観世音菩薩像の周りにある奇妙で人目を引く形の多くの溶岩岩。写真:コン・ダット/ VNP

 

ドゥック寺には3つの大小の岩の洞窟がある。最初の洞窟は約65m3の容量で中央と両側に祭壇があり、真ん中は阿弥陀如来、左側は地蔵菩薩、右側は寺の開祖を祀っている。写真:コン・ダット/ VNP


ジエン・ティエン山頂上の眺めが素晴らしいリー・ソン島の風景。写真:コン・ダット/ VNP


ドゥック寺の前には、リー・ソン島民や観光客がよく行くビーチ、ブン・バ・リがある。ブン・バ・リは16世紀から17世紀にかけて、ホアンサ戦隊が保護、目印の設定、航海の測定の訓練をした場所であると言われている。写真:コン・ダット/ VNP
仏教徒の伝説によると、観世音菩薩はかつてここに住むことを選び、島民が自然災害を避けるように平安を保ってきました。仏像と寺への道は2010年に工事が始まり、仏教の僧侶や尼僧の貢献とリー・ソン島の人々の努力により2012年に完成しました。

ドゥック寺から絵のように美しい海を見下ろす観世音菩薩像の方向に行き、リエム・トゥーの頂上に登って、現在は盆地の形をした緑の草原になっているクレーターを見るのは最も興味深いことです。山の頂上はリー・ソンの海と島全体を眺めことができ、この場所がおとぎの国に例えられる理由を理解するには理想的な観光スポットです。
ドゥック寺は観光客がリー・ソン島を訪れるときの音楽のベースのようなものです。寺院は住宅街から遠く離れているので、とても静かで僧侶の修行に適しています。観音菩薩像は海に面し、海に出た漁師が海難事故から運良く逃れるように守っています。
文、写真:コン・ダット

ダク・ノン世界ジオパークの火山を探索

ダク・ノン世界ジオパークの火山を探索

1億4千万年以上前、地球の地殻活動により多くの噴火口が形成されました。ダク・ノン世界ジオパークにある噴火口はユニークな構造と野生の美しさを持っていると地質学者によって評価されています。

Top