• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

旅行

クー・ラオ・チャム島の魅力

2009年、クアン・ナム省ホイ・アン市タン・ヒエップ村にあるクー・ラオ・チャム(Cu Lao Cham)諸島は950種以上の水生種が保護されている世界の生物圏保護区として、ユネスコにより認定されました。ここの生態系と森林、海、ビーチ、泉などの自然環境は今でもそのまま残っていると考えられています。 「生の真珠」という特徴を持つクー・ラオ・チャム島は、ホイ・アン旧市街に来た国内外の観光客にとって特別な魅力を持つエコツーリズの目的地になっています。
世界生物圏保護区の痕跡

2009年5月29日、豊かな動植物と数百年前の歴史的遺跡があり、クー・ラオ・チャム諸島島はユネスコによって生物圏保護区として認定されました。

よく知られている様に、昔からクー・ラオ・チャム島は交易地として世界的に有名で、ホイ・アンの商業港町の形成と発展に関連する歴史的および文化的遺産となっています。

クー・ラオ・チャム諸島には一つの大きな島とその周囲にある七つの小さな島で構成され、総面積は15平方キロメートルを超え、そのうち森林が約90%を占めています。

 

自然の美しさから夏には毎日3,500人以上の観光客が訪れるクー・ラオ・チャム島のビーチ。写真:タイン・ザン/ VNP


サンゴを見るためにグラスボトムボートに乗ったり、クー・ラオ・チャムからクア・ダイまで海を泳いで渡ったり、夜釣りなどのマリンスポーツなどあらゆるタイプの観光に非常に適した、5,000ヘクタール以上の八つの大小の島から構成されているクー・ラオ・チャム海洋保護区。
写真:タイン・ザン/ VNP



クー・ラオ・チャム島のバイ・チョンビーチにテントを張る観光客。写真:VNP

現在、クー・ラオ・チャムはサフィン、チャンパ、大越の文化に属する多くの遺跡が残っていて、チャムとベトナムの古代建築物は数百年前にさかのぼります。
以前、2003年10月にベトナムの15の海洋保護地域の一つとして島の野生生物を保護するために、クー・ラオ・チャム自然保護区が設立されました(2007年のデータ)。
現在、人口が集中しているホン・ラオ島はクー・ラオ・チャムの中で最大の島として知られています。ホン・ラオ島には山が多く、最高峰は517mです。ホン・ラオ島の植物相は豊かで、レッドオーク、キエンキエン、パラショラ、マウンテンオーバル、籐などの貴重な木の原生林がたくさんあり、多くの種類の野生動物、海鳥、特に燕の巣となっています。歴史的文書によると、ここの燕の巣は17世紀以来人間によって採取されてきました。島には燕の巣の先祖を祀る神社もあります。
クー・ラオ・チャム諸島の生態系の多様性は砂丘、海草藻場、珊瑚礁、海藻、自然林などの陸域と水域の風景にはっきりと見られます。これがこの島のエコツーリズムの多様性が発展した条件です。

クー・ラオ・チャム諸島の旅行ガイド
クー・ラオ・チャム諸島が世界生物圏保護区として認められた直後、ホイ・アン市政府は環境保護に関連して、この島で持続可能なエコツーリズムを開発する計画を策定しました。したがって、観光開発が始まって10年以上経った今でも、クー・ラオ・チャム諸島は動植物の生態系の豊かさと多様性とともに、自然の野生の美しさを保っている島の一つと見なされています。
クー・ラオ・チャム海洋保護区を訪れた人は形成の歴史、風俗習慣、文化的お祭、この地の漁師の生活について学ぶことができます。
クー・ラオ・チャム島での様々なアクティビティは常に観光客に喜ばれています。そのハイライトはクー・ラオ・チャム島のサンゴや海洋生物を見るスキューバダイビングですが、刺激的かつ魅力的で多くの観光客を魅了しています。









35種類、135種のサンゴがあり、そのうち6種がベトナムの海域で初めて発見され、ダイビングツーリズム、海の探索に最適なクー・ラオ・チャム海洋保護区。写真:クー・ラオ・チャム海洋保護区管理委員会の資料


クー・ラオ・チャム島はホイ・アン旧市街の東海岸沖に位置する島。クア・ダイ港から18km、ダナン市から48km。
この土地の料理も観光客にとって見逃せません。この豊富な食材はクー・ラオ・チャム島のカラフルで様々な味付けの料理を生み出しました。タカセガイ、イカ、ストーンクラブ、アワビ、とげの葉のケーキ、海藻などの素晴らしい料理、豊富な海産物はこの地の自然の恵みを表していると同時に、豊かな海洋生態系を示しています。クー・ラオ・チャム島はユネスコの評価通り、豊かで自然が溢れています。

「クアンの真珠」の美しさを存分に味わうために、地元の人からのお勧めを聞くことが一番です。それによると島が美しい天気、暖かい日差し、穏やかな海がある3月から8月にかけてクー・ラオ・チャム島を訪れるのが最も良いそうです。

過去数年間、質の高いホームステイによってクー・ラオ・チャム島の宿泊施設が発展し、国内外の観光客のニーズを満たしています。

島は陸から遠く離れた沖合にあり、さらにいくつもの原生林、何百年もの歴史があるいくつかの文化遺産、昔からの野生の美しさを今も保っている自然、これらのすべてがクアンの真珠と言われるクー・ラオ・チャムの特別な魅力を生み出しています。


文:タオ・ヴィー
写真:タット・ソン、VNP

ダク・ノン世界ジオパークの火山を探索

ダク・ノン世界ジオパークの火山を探索

1億4千万年以上前、地球の地殻活動により多くの噴火口が形成されました。ダク・ノン世界ジオパークにある噴火口はユニークな構造と野生の美しさを持っていると地質学者によって評価されています。

Top