• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

文化

手つかずのバイン・スア島

 

バイン・スア島(オン・トー島またはトゥー・ハイ島とも呼ばれている)はクアン・ニン省のバイ・トゥー・ロン湾のテー・ヴァン島の湾曲した内側に控えめに位置しています。静かな場所を探索するが好きな人にとって、美しい自然の風景がある手つかずのバイン・スア島(クアン・ニン省ヴァン・ドン)は、都会の喧騒から逃れるのに理想的な場所です。電車に1時間ほど乗れば、この美しい島に到着します。

 

バイン・スア島の面積は1km²未満、最も広い場所はわずか約420mで、広大な海にいる小さなカメのように見えます。したがって、この小さな島は何百もの大小の島の「大家族」の弟と例えられ、テー・ヴァン島(西)、ドン・チェン島(東)、フィー・マ島(西)とブア・トゥオック島(北)に取り囲まれ、守られています。


上から見たバイン・スア島は、

バイ・トゥー・ロン湾に生息する特徴的な海の生き物である白ミル貝や小さなカメのように見えることもあります。


島をぶらぶら散歩すると、海に浮かぶこの広大なオアシスの周りにはいつも面白いものに出くわします。この素敵な島はどこも静かで平和な空間で、リラックスしたり、澄んだ青い水を楽しんだり、島の周りを自由に泳いだり、シュノーケルで色とりどりのサンゴを見ることができます。


桟橋を通って島を訪れる観光客。

バイン・スア島周辺でカヤックを楽しむ観光客。

バイン・スア島の特徴は常に静かで平和であるということです。観光客はこの美しい土地を探索するために午前5時に起きて、ナマコを捕まえる人々と一緒にでかける必要があります。その時、海面が最も低くなるからです。砂浜で素足になって潮の満ち引き​​に逆らって波とたわむれるとワクワクした気持ちになり、間違いなく楽しい一日を過ごすことができます。さらに旅を続けて島から約30分のところにあるクアン洞窟にボートで行きましょう。この島はかつて北でのアメリカ抵抗戦争中に軍事基地として使用されていました。ここには、さまざまな形の美しい鍾乳石の柱があります。日が照ってくると、船を湾の漁師のいかだに止めます。観光客はお気に入りの海産物を買ってバイン・スア島に戻り、地元の人々に料理をしてもらつて昼食をとることができます。


観光客に提供するために育てられているバイン・スア島の海産物。


バイ・トゥー・ロン湾の複合施設内から

バイン・スア島を見下ろした風景。


バイ・トゥ・ロン湾家族の「末の弟」は面積が1km2未満なので、他の島のような長い砂浜はありませんが、その返りに海はとても澄んでいます。島にはいくつかの軟体動物養殖・生産所やホームステイスができる施設があります。冷たい水の中を自由に泳ぎ、色とりどりのサンゴを見ることができます。午後はカキ養殖場につながる桟橋を訪れて一緒に泳いだり、カキをとったりできます。午後遅く、青いバイ・トゥ・ロン湾が穏やかな金色の日差しの中に現れ、燃える赤い太陽が様々な形と大きさの山並みにゆっくりと沈むのを見た人は誰もが賞賛の声をあげます。観光客は自然と島の漁師の生活に浸り、面白い体験ができるに違いありません。そして、この素敵な島のどこかで、バイン・スアという言葉の大元の意味「シュークリーム」のような甘ったるい瞬間を見つけ、日常生活のストレスや心配を一時的に忘れることができるでしよう。



 

文、撮影:ホアン・ハー/ベトナムフォトジャーナル

竹の木を子供たちのおもちゃに

竹の木を子供たちのおもちゃに

子供たちにベトナムらしい素材から創造的なおもちゃを与えたいという願いから、グエン・ ヴァン ・タック画家 (ハノイ) は竹を芸術作品に変えました。

Top