• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

ベトナムのブランド

インダストリー4.0による養蜂

ベトナム農業アカデミー傘下の熱帯蜂研究養蜂センターはインダストリー4.0を用いた蜂蜜の養蜂モデルの適用に成功したベトナムで最初の機関です。それ以来、蜂蜜の採取で高い経済効率を生み出し、養蜂技術プロセスをベトナムの養蜂家に移転しました。


 

現在、ベトナムは世界第6位の蜂蜜輸出国であり、米国への蜂蜜輸出国の中では第1位です。ベトナムの蜂蜜のための養蜂の可能性は開発と拡大において多くの機会がまだあります。熱帯養蜂蜂研究センターは養蜂産業界のリーダーであり、ベトナム全土の養蜂家への養蜂技術の研究と移転を専門とするだけでなく、国内および輸出市場向けの高品質の蜂蜜製品を生産する場所でもあります.

竜眼の開花時期に熱帯養蜂蜂研究センターに来ると、ミツバチが蜜を集めている自然に戻ったような気分になります。竜眼農園には何百もの養蜂箱が一列に並んでいて、ミツバチはあちこちでハミングしながら蜂蜜を集め、ベトナム農業アカデミーのキャンパスに新鮮な自然の生態系を作り出しています。


養蜂の研究と指導に関連するベトナムで最初のモデルとなった熱帯蜂研究養蜂センター。

ミツバチのコロニーの品質をチェックする熱帯蜂研究養蜂センター所長のファム・ホン・タイ准教授。

ミツバチが作ったはちみつの品質をチェック。

巢板の取り扱い方法を学生に説明する熱帯蜂研究養蜂センター所長の
ファム・ホン・タイ准教授。

 

2006年に設立された熱帯蜂研究養蜂センターは、ミツバチに関する研究と指導を組み合わせたベトナムの源流です。現在、同センターは養蜂にVietGAP基準に従った高度な技術を用いて、蜂蜜製品の生産性と品質を向上させ、輸出製品との競争力を高めています。インダストリー4.0による養蜂モデルは製品を透明にし、種子、花の供給源、サプリメントなどの製品の起源の追跡やミツバチのコロニーの世話の過程で起こる病気の予防に役立ちます。 

さらに、同センターはベトナムで初めて女王バチコロニーの人工授精に成功した機関でもあり、ベトナムの養蜂家に何百もの女王バチと何千ものミツバチのコロニーを提供しています。このモデルの成功によってベトナムの養蜂産業は世界に反響を呼びました。同センターは米国、韓国、日本、ベラルーシなどの国からの研究家、学者、養蜂家の見学訪問を受け入れています。

 

養蜂の国際的な傾向に追いつき、熱帯蜂研究養蜂センターは技術に投資し、国際標準の養蜂技術を実践しています。それ以来、ベトナムの養蜂家の持続可能な養蜂産業に向けて、蜂蜜の品質を向上させるために単一バレル養蜂からアザミ養蜂への養蜂手法変更を支援してきました。熱帯蜂研究養蜂センターの所長であるファム・ホン・タイ准教授は「養蜂箱は自然の開けた空間を活かし、ミツバチはきれいで、蜂蜜源は純粋なので、製品は単一の樽から収穫される蜂蜜の5倍です」と述べました。これまでに、同センターでは国産ミツバチで100コロニー、外来種で200コロニーを育ててきました。女王蜂を作るための受精源を持っているので、繁殖の段階から良質な蜂の群れが選ばれています。


女王蜂の人工授精を行う熱帯蜂研究養蜂センターの所長ファム・ホン・タイ准教授と同僚。


女王バチのコロニーのための人工授精によってベトナムの養蜂家に何百もの女王蜂と何千ものミツバチのコロニーを提供している。

コネクテッド シングス (IoT) 技術とスマート センサー システムを活用して養蜂場を監視するセンターの技術者。

熱帯蜂研究養蜂センターの高品質の蜂蜜製品。

 

毎年、熱帯蜂研究養蜂センターは3千人以上の養蜂家を訓練し、最新の国際的な養蜂技術を習得できるようにしています。2年間 (2020 年から2022 年)で、蜂研究と熱帯養蜂センターはソン・ラ省と ゲ・アン省を支援し、715コロニー、35億ドン規模で VietGAP 基準に従って養蜂箱を用いた外国養蜂の7つのモデルを構築しました。養蜂技術の強情でベトナムの地方を支援することに加えて、熱帯蜂研究養蜂センターはベトナムの蜜のブランドを保護し、蜂蜜製品の販売先を見つけるだけでなく、養蜂と電子スタンプの開発におけるインダストリー4.0の適用に関するガイダンスとアドバイスを行っています。

現在、熱帯蜂研究養蜂センターのチャン・ヴァン・トアン副所長は当センターでは1採蜜あたり30トンのハチミツを収穫して、ベトナム市場にロイヤルハニー、花粉、ローヤルゼリーソフトカプセルなどの高品質のハチミツ製品を提供していると述べました。 


 

文、撮影:ヴィエット・クオン 、訳者:ソン・タム・クエン


Top