• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

肖像

天性のヒーラー : チン・ホン・ソン教授

人民医師の称号を持つヴィエット・ドゥック病院副院長のチン・ホン・ソン(Trinh Hong Son)教授は、故トン・タット・トゥン教授がベトナムに最初にもたらした外科手術の成果の継承と発展に貴重な貢献をした第3世代の医師の一人です。彼はまた、ベトナムで開発された医学上の最高の成果である臓器移植に大きく貢献し、「死」に近づく患者に奇跡的な人生の新たな機会をもたらしています。

外科の分野で30年以上働いてきたチン・ホン・ソン教授は、患者を「死の扉」から連れ戻した人物として知られています。彼が重症の難治事例や多臓器転移を伴う癌患者、またわずか数パーセントの生存確率の末期癌患者などを救ったのは、正にこの特別な「治療能力」です。

 ヴィエット・ドゥック病院は手術における黄金の手を育てるベトナムの主要な揺りかごとして知られていますが、チン・ホン・ソン教授はその中でも「特別な黄金の手」と呼ばれています。

 ソーシャルネットワークや新聞で情報を検索すると、直接治療を受けた患者や家族がソン教授について語っています。


 


人民医師の称号を持つチン・ホン・ソン教授(202112月)。写真:チャン・タイン・ザン




ヴィエット・ドゥック病院110周年記念式典で講演する副院長のチン・ホン・ソン教授。写真:チャン・タイン・ザン



ヴィエット・ドゥック病院110周年記念式典に出席したヴィエット・ドゥック病院のリーダー達。写真:チャン・タイン・ザン

 

オンラインセミナーで多くの経験を語るチン・ホン・ソン教授。

写真:チャン・タイン・ザン




草の根病院での臓器提供と脳死診断の効率向上についてのオンラインディスカッションで記念写真を撮る代表団とチン・ホン・ソン教授。写真:チャン・タイン・ザン

その中には、彼の個人的なページに掲載されている法律事務所のディレクターの話があり、後にいくつかの新聞に引用されました。彼の母親は末期がんを患い、生存の可能性は5%でした。しかし、チン・ホン・ソンが直接行った8時間半にわたる手術の後、彼女に奇跡が起こりました。
 
チン・ホン・ソン教授には名前、住所、生年月日、職業、家族の状況、各患者の収入だけでなく、この情報も手書きで記録するという特別な習慣もあります。ソン教授によって治療された有名な作家が語っているように「心と才能、これらの二つの最も美しい言葉は教授から患者にすべて捧げられました」。これらの患者は誰もが皆、ソン教授から「祝福」を受けたという同じ考えを持っています。確かに、もし医者が治療に成功したら、何よりも患者は彼らから「祝福」を受ける人になります。

ベトナムにおける臓器移植発展の旅:最後まで努力を

毎年恒例の癌予防に関する科学会議で発表されたベトナム癌学会の情報によると、ベトナムの癌発生率は驚くべきレベルにあります(9レベル上昇)。ベトナムは世界で肝臓がんの発生率が最も高い25か国中4位にランクされています。

ヴィエット・ドゥック病院の腫瘍科で働くチン・ホン・ソン教授は癌患者の痛み、希望、そして時には未完の夢を最もはっきりと見てきた人です。しかし、残念なことに、これらの患者は時間内に移植されれば命を救うチャンスが絶対にあるにもかかわらず、これらの機会は臓器提供に対する人々の認識というただ一つの理由のために逃されてしまっています。 

チン・ホン・ソン教授によると、臓器移植にはドナーの準備、レシピエントの準備、技術者の準備、移植後のケアの監視という4つのプロセスが含まれます。現在、ベトナムではこれら4つのプロセスのうち3つは非常にうまくいっていますが、ドナーを準備するプロセスだけが脆弱だそうです。

チン・ホン・ソン教授は1997年から臓器移植と肝移植を研究するためにフランスに派遣されています。彼が所長を務める国立臓器調整センターは、米国と日本を組み合わせたモデルに従って運営され、中国の経験を学んでいます。日本国立臓器移植調整センターは日本の移植分野が世界保健機関(WHO)によって世界各国の標準モデルとして採用されています。
 

ヴィエット・ドゥック病院の手術室で消化器手術を行うチン・ホン・ソン教授。

写真:チャン・タイン・ザン



手術を受けた後の患者を診察し、励ますチン・ホン・ソン教授。

写真:チャン・タイン・ザン



ヴィエット・ドゥック病院の手術室で消化器手術を行うチン・ホン・ソン教授。

写真:チャン・タイン・ザン



X線フィルムを見る方法を通して消化器手術の経験についてチン・ホン・ソン教授から学ぶ若い医師。写真:チャン・タイン・ザン

ソン教授によると、実際、ベトナムでは交通事故、労働災害、脳血管障害などによる脳死は非常に多いそうです。臓器移植を待つ人も年々増えています。しかし、脳死についての理解が不足しているため、特に文化的および伝統的な要因の問題がベトナムにおける臓器移植の最大の障壁となっています。

したがって、当初、臓器提供がベトナム社会で比較的新しい概念であったとき、チン・ホン・ソン教授はこの道で孤独な人間となっていました。したがって、彼は講義やセミナーを含む、あらゆる場で「臓器移植に関する説明」をする準備ができていました。ソン教授と同僚は、常に臓器提供の登録フォームを持っています。彼はすべての臓器移植アプリケーションは生きるチャンスであることを誰よりもよく理解している人です。臓器移植は命を救うだけでなく、社会の経済的・精神的負担を大幅に軽減します。

実際、チン・ホン・ソン教授が期待したほどではありませんが、過去数年間で臓器提供に対する社会の意識に一定の変化がありました。国立臓器調整センターは現在、社会のあらゆる人々から何千もの臓器提供の申請を受け取っています。

ある思想家は、人々が自然のライフサイクルのすべての法則を理解していれば、その短い無意味な生物学的生活に関与して固執しようとはしないだろうと語っています。それどころか、自分の死をより意味のある、より人道的なものにすることが可能であり、さらに人生のサイクルに貢献することができます。

これは、人類の生と死の扉に常に近づき、「癒し」を使命とするチン・ホン・ソン教授の心でもあります。すべての生命が生まれ変わる時、彼にとっては終わりのない喜びであり、健康と生命のエネルギーとなります。

文:タオ・ヴィー
写真:チャン・タイン・ザン

デビッド・ラペティナ氏とベトナムへの愛の色

デビッド・ラペティナ氏とベトナムへの愛の色

デビッド・ラペティナ氏はフランス出身で、ベトナムに10年以上住んで働いています。現在、彼はTIBCOベトナムグループのマネージングディレクターです。彼はソフトウェア業界を愛し、ベトナムで優れた IT エンジニアになるために積極的に勉強している多くの若いベトナム人に今も情熱をもたらす人物です。

Top