• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

肖像

作家・画家チャン・ティ・チュオンの展覧会での現象

2019年の年末、ハノイのゴー・クエン通り16号で作家・画家チャン・ティ・チュオン(Tran Thi Truong)の展覧会「感情の色」が開催されました。展覧会は当初10日間を予定していました。しかし、発表された時間より早く閉会し、展示会の主催者は後に来場者とコレクターに謝罪しなければなりませんでした。その理由は「絵画が売り切れた」という非常に特別なものでした。トラン・ティ・チュオン画家の展覧会「感情の色」を開催したゴー・クエン通り16号の展覧会場の社長によると「これは1995年以来、この会場で初めて起きた現象です」と「ショック」を隠さず語りました。
ベトナムの有名な作家グエン・クアン・ティエウ氏はチャン・ティ・チュオン画家の展覧会を見て「事物の魂をよみがえらせる人」とコメントしました。
まず第一に、芸術的な観点からすると題材は新しいものではなく、花瓶、やかん、カップ、石油ランプなどの静物です。しかし、チャン・ティ・チュオン画家は新しいアプローチを持っていて「静ですが静ではありません」と言いました。私たちは彼女を元気に「骨董品を新しくする人」と呼んでいます。外観は新しいものではないが絵の中では新しいものとなり、ほぼ1世紀もの間着ていた服に新しい魂が宿り、オブジェクトとしての価値が生まれます。チャン・ティ・チュオン画家の手と考えの中にある「それらの服」は自分の過去、思い出、子供時代に見たのと同じくらい鮮やかです。

 

2019年末に行われたチャン・ティ・チュオン画家の展覧会「感情の色」のオープニングセレモニー。
写真:チャン・ティ・チュオン画家の資料



チャン・ティ・チュオン画家を祝福するために花を贈る米国大使館情報文化カウンセラーのPam DeVolder氏。
写真:チャン・ティ・チュオン画家の資料



チャン・ティ・チュオン画家によって描かれたカマラ・ハリス米国副大統領の肖像画を
受け取る米国大使館のスタッフ。写真:チャン・ティ・チュオン画家の資料


アトリエで絵を描くチャン・ティ・チュオン画家。写真:チャン・タイン・ザン/ VNP

絵画での成功だけでなく、作家としても知られているチャン・ティ・チュオン画家と
作品:フォー・ホアイ、雨の花など。写真:チャン・タイン・ザン/ VNP

 

スケッチを描くチャン・ティ・チュオン画家。写真:チャン・タイン・ザン/ VNP
 

チャン・ティ・チュオン画家・作家の文学作品。写真:チャン・タイン・ザン/ VNP

それが理由の一つで、展示会を訪れ、絵を見た最初の瞬間にチャン・ティ・チュオン画家の絵画の購入を決心する観客がいます。
以前、チャン・ティ・チュオン画家は90年代初頭に有名な作品を書いた作家として読者に知られていました。
しかし、彼女の展覧会を「目撃」したとき、彼女の文学を愛する多くの読者はイデオロギーの価値と特別なメッセージに加えて、各作品の絵画技法のプロ意識に驚きました。
作家であり画家でもあるチャン・ティ・チュオンによると、彼女は文学作品を書くペンを持つ前に絵筆を握っていました。女性アーティストはかつて美術工芸大学陶芸学部に入学しましたが、二年目までしか勉強せず、途中で中退しました。したがって、彼女の最初の情熱も途絶えてしまいました。
2019年の初め、作家兼画家のチャン・ティ・チュオンは米国に住む娘の家族を訪ねました。当時、娘はアメリカ人教師による子供向けの課外描画教室でボランティアをしていたので、一緒に参加するよう母親を誘いました。それは彼女が20年以上離れていた絵の世界に戻った最初の瞬間でした。彼女が描く陶磁器の絵が完成した時、誰もが驚きました。当時、アメリカの絵の先生たちは皆、「絵を描かないなんて、絵を描く才能は無駄になってしまう」と言っていました。ベトナムに戻ってから娘の励ましを受けて、作家のチャン・ティ・チュオンオンは以前の絵に対する情熱を取り戻すことを真剣に考え始めました。

どんな事にも最善を尽くし、全力を注がなければならないという彼女の性格から絵画に戻ることを決めた後、作家のチャン・ティ・チュオンが心優しく親切な中央美術教育学校の講師のハイ・キエン画家に出会えたのは非常に幸運でした。




わずか六か月でチャン・ティ・チュオン画家は40点以上の静物画を制作し、絵画愛好家や専門家から高く評価されました。絵が完成すると、コレクターはすぐにそれを買いました。

作家のチャン・ティ・チュオンによれば、美しい絵画には色、形、内容の三つの要素がすべて揃っている必要があります。最初の二つの要素は絵画技法に属し、三つ目の要素は画家のチャン・ティ・チュオンが色や形によって鑑賞者と作品の間に対話を生み出すことから、業界の批評家は高く評価しています。作家のチャン・ティ・チュオンは次のように語っています。「私の周りのすべてに魂があると思います。私はその魂を描きます」
チャン・ティ・チュオン画家の絵画はシンプルだが色彩が豊かです。それは古典的な淡い色調、過去を振り返る明るい色調で主に表現されます。これは、彼女の展覧会が絵画界で現象を生み出す特別な機能でもあります。プロの絵画技法に加えて、イデオロギー的価値観、人間的価値観、そして人生のメッセージはチャン・ティ・チュオン画家の「現象」を構成するものです。

チャン・ティ・チュオン画家の作品。
写真:チャン・ティ・チュオン女史の資料写真


















作家兼画家のチャン・ティ・チュオンはすべての問題の根源は人生への愛であると述べました。彼女は前向きに人生を送りました。彼女の人生も浮き沈みに満ちていますが、人々はこの女性が運命に屈するのを見たことがありません。彼女は常に前向きなエネルギーと人生を見るための穏やかで寛容な目を持っている人です。そのため、チャン・ティ・チュオン画家の絵画を見た人は人生をより愛し、現在の人生をより高く評価するようになります。静物画に加えて、彼女の後の題材は肖像画、風景などへと広がりました。


特に、2019年には絵画の成功とともに、作家のチャン・ティ・チュオンは文学現象を生み出し、「配給時代の言葉の博物館」と評価された小説「フォー・ホアイ」を再び出版しました。人生を愛する70歳の彼女の創作エネルギーは一体どこから来るのでしょう。私たちとの会話を終える前に、作家兼画家のチャン・ティ・チュオンは「始めるのに遅すぎることはない。遅きを恐れてはいけない」というメッセージを読者に伝えるのを手伝って下さいと何度も言っていました。

文:タオ・ヴィー
写真:チャン・タイン・ザン、作家兼画家のチャン・ティ・チュオンの資料

料理の巨匠アイン・トゥエット ベトナム料理の真髄を世界に

料理の巨匠アイン・トゥエット ベトナム料理の真髄を世界に

「総料理長」「料理人生の本」「ハー・タイン料理の頂点」は料理の巨匠グエン・ティ・アイン・トゥエットの「美しい代名詞」です。ベトナム料理の真髄を守るために選ばれた人物として、彼女が作る料理にはそれぞれの物語、文化、伝統、ベトナム人の背後に潜むメッセージがあります。

Top