• Vietnamese
    ベトナムフォトジャーナル ベトナム語
  • English
    ベトナムフォトジャーナル 英語版
  • Français
    ベトナムフォトジャーナル フランス語版
  • Español
    ベトナムフォトジャーナル スペイン語版
  • 中文
    ベトナムフォトジャーナル 中国語版
  • Русский
    ベトナムフォトジャーナル ロシア語版
  • ລາວ
    ベトナムフォトジャーナル ラオス語版
  • ភាសាខ្មែរ
    ベトナムフォトジャーナル クメール語版
  • 한국어
    ベトナムフォトジャーナル 韓国語版

文化

ブン・タウの鯨祭り

ブン・タウ省バー・リアのタン・タム寺院で開催される鯨祭りは漁師が海の仕事に感謝し、海に出た時の平和を祈り、魚やエビの大漁と豊かで幸せな生活を送ることを祈願して行われます。

2022年にブン・タウのタン・タム寺院で行われる鯨祭りは9月11日から13日までの3日間(旧暦の8月16日、17日、18日)に開催され、祭礼と遊戯の二部構成となっています。の行進は革命家屋(バー・クー通り1番地)からタン・タム寺院まで行われます。ティエン・ヒエンと英雄的な烈志の命日を崇拝し、神々を崇拝し、オン・ナム・ハイに犠牲を捧げ、チャウ・ダイ・ボイを築き、古代のトゥオンを演奏します。漁師の活動を再現した、楽しくて健康的な民俗の遊びもあります。祭礼はバイ・チュオック地区、ホン・バ寺院、タン・タム寺院の遺跡で開催され、お祭りはブン・タウロープウェイの堤防エリアとバイ・サウ旗竿エリアで開催されます。

海で祭礼を行う船。

毎年恒例の活動は国内外の観光客に ASEAN クリーン ツーリズム シティのイメージを広め、お祭りを地域の観光商品に発展させる機会となる。

漁師が海に出て、魚やエビの大漁と
長寿で豊かで幸せな生活を送れるように平和を祈る鯨祭り。

行列をオンの墓に導く長老たち。


タン・タム寺院で神々を崇拝し、オン・ナム・ハイに犠牲を捧げる儀式での化粧。

ブン・タウ市人民委員会の代表者は「鯨祭りは沿岸都市の人々の伝統的な民間伝承活動であり、単に好天、海に出た時の平安、魚やエビの大漁、豊かな人生、繁栄と永遠の幸福を祈願するだけでなく、世界中の漁師や観光客が『水を飲んだら水源を思え』という道理を実証する機会でもあります。鯨祭りも民間伝承のシンボルであり、維持、保存、さらに発展させる必要のある国の文化遺産です。毎年恒例の活動は国内外の観光客にASEANクリーン ツーリズム シティのイメージを広め、祭りを地域の観光商品に発展させる機会です」と述べました。

開会式の直後、祭りの組織委員会は3つの太鼓と3つのゴングを鳴らし、獅子と竜のグループが「水将軍を開く」という儀式を行い、鯨を迎える行列がタン・タム寺院まで行きます。行列は紙で作られたをイメージしており、迎鯨の儀式に参加する一団には、正式なアオザイの衣装を着た家臣の役を演じる多くの人々と、それに続く兵士と漁師のグループで構成されています。福-禄-壽に扮したトゥオンの役者や俳優も登場し、銅鑼や太鼓に合わせて楽しそうに歩き、踊り、非常に賑やかなお祭りの雰囲気を作り出しています。


お祭りに参加するバリア・ブンタウ省の人々。

お祭りに参加する何千人もの漁師と船。


鯨を迎えに集まった多くの漁師の船

お祭りで海の世界に変装。

長老たちによると、タン・タム寺院はブン・タウの地を公然と輝かせた三人の賢者を崇拝するために、グエン王朝時代の辰年(1820年)に建てられました。その後、19世紀の終わりに、地元の人々はバー・グー・ハイン寺院とオン・ナム・ハイの墓をさらに建設し、今日のタン・タム寺院の遺跡を形成しました。今日、毎年旧暦の8月16日、17日、18日にタン・タム祭りが開催され、世界中から何千人もの人々や観光客がここに集まり、平和を祈り、賢者とオン・ナム・ハイに感謝します。タン・タム祭りは沿岸都市ブン・タウの漁師の伝統的な祭りで、ブン・タウ省バ・リア人民委員会は国の無形文化遺産に認定するよう提案しています。


文、撮影:キム・フオン、訳者:ソン・タム・クエン

エデ族の伝統衣装

エデ族の伝統衣装

エデ族はベトナムの54民族の一つです。神話、叙事詩、有名な楽器に加えて、エデ族の伝統的な衣装もここの人々の際立った特徴です。

Top