03/11/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

TCI-裾野工業を開発

Tri Cuong(チークオン)工業有限責任会社は、11年に渡り300人の社員で工機、製造機械で裾野工業分野に信用される会社である。チークオン社の責任はベトナムに投資している外資会社のために供給され外国に輸出される。

「TCI会社の起業方針は労働力、知恵を含む」レー・タイン・トゥイTCI会社社長
レー・タイン・トゥイ(Le Thanh Thuy)TCI会社社長によると、ハノイ工科大学の自動化学部を卒業した。日本市場に働き、研究する数多く年間後に、彼は裾野工業の製品を生産することへ投資することに決定した。2006年に、TCI会社は300平方メートルの面積がある小さいな仕事場を設立した。
この時期に、数多くの日本企業の代理はTCI会社の仕事場を訪問するのに、協力しなかった。TCI会社は数多くの困難に直面した。トゥイ氏と同僚たちは企業管理コースに参加し、お客を探し、仕事場の規模を拡大させることに努力した。

その後に、Tsubaki会社(日本)の代理はTCI会社の仕事場を訪問した。Tsubaki会社の代理はTCI会社の潜在力と熱心さを理解した。Tsubaki会社は2万米ドルの最初の注文をした。
この注文はTCI会社の最初の注文であった。この注文は成功に達した。TCI会社は外資会社のために、製品を始めて供給した。数多くの年間後に、Tsubaki会社(日本)はTCI会社の大きなパートナーになった。




TCI会社の技術者たち。


TCI会社の現代的な工業機械-輸出される製品。


TCI会社の工場の工員たちはISO 9001:2008質の管理システムを応用する。


4.0革命を歓迎するために、TCI会社は機械分野に集中する。

人材力のほかに、TCI会社は良質の製品を生産するために、現代的な生産設備に投資する。

TCI会社により製造される現代的な機械は現代的な機械生産過程と若い技術者と知恵間の結合である。


ハノイのドンアン(Dong Anh)地域におけるTCI会社の工場はISO 9001:2008  質管理システムを応用している。

現在、80%のベトナムに投資する日本企業はTCI会社と協力する。毎年のTCI会社の発展速度は30%増える。
2015年、TCI会社はハノイ、ドンアン郡、グエンクエー工業地区に、面積6500㎡の現代的な工場の建設に投資した。現代的な設備、機械を投資し、製品の種類を多様化し、生産を強化させる。TCI会社の製品は良質で低価格、生産性が高くよいサービスがあるので、日本のお客の要求に応じることができる。
以前、TCI会社の製品の需要の95%はベトナムにおける外資会社で、5%の製品は日本に輸出された。2013年から2015年まで、TCI会社は欧州に製品を輸出した。2017年、TCI会社は1年当たり600万米ドルの収入で、7社の日本企業と協力し、ドイツ、フィンランドのお客の注文を受けた。TCI会社のモーターバイク、自動車分野におけるパートナーはYahmaha、 Toyota、Piaggio、Kehin、Hamaden、 Standley、Bridgestone、 Enkei、 Inoueを含む。TCI会社の電子分野におけるパートナーはSamsung、Meiko、Sumitomo、Panasonic、 Kyocera、 Elentec、Tabuchiを含む。TCI会社の医療、食品分野におけるパートナーはNipro Pharma、 Bbraun、 Terumo、 Coca-cola、Rhytmn、 Chevron、 Coastである。

文:チャン・ヴァン(Tran Van)
写真:ヴィエット・クオン(Viet Cuong)

他の記事