29/03/2016 09:40 GMT+7 Email Print Like 0

Tân Á Đại Thành(タンアーダイタイン)グループ

「エネルギーの有効利用と節約」の目標で、この20年間、Tân Á Đại Thànhグループは想像と品質の研究と生産に努め、現代の社会で求められる新たな需要に応え、ベトナムをはじめ、各地域での、水回り設備機器を生産する先端のグループになった。
特に、タン・ア・ダイ・タイングループの製品は厳しく検査され、ISO 9001:2008に管理される。

2005年、タン・ア・ダイ・タイングループは太陽エネルギーを利用した温水器を生産した。温水器は電気の節約と環境の保護に貢献した。2011年、「2011年-2015年太陽のエネルギーによる温水器の紹介」と題されたプログラムで、タン・ア・ダイ・タイングループはベトナム電力総公社(EVN)に太陽エネルギーを使用する温水器を供給する会社であると選択された。


自然エネルギーを利用した太陽熱温水器
撮影:コン・ダット



タン・ア・ダイ・タイングループの製品である電気温水器の生産ライン。
撮影:資料


工場での検査の様子。
撮影:資料



完成品。
撮影:資料


ソーラーエネルギーを利用する温水器
撮影:資料
この22年間、Tân Á Đại Thànhグループはベトナムで一番活躍し、維持発展しているグループになれるように活動の分野を拡大した。
現在、グループに所属している12社、135支社と2万店小売店がある。

現在、グループはハノイ、ダナン市、ゲーアン省、ホーチミン市、ダックノン市、カントー省とラオス国のビエンチャンなどに大規模な工場があり3,000人が働いている。

グループのグエン・ズイ・チン取締役は、グループが世界の近代的な技術と原料を使用し、太陽エネルギーを利用した製品を生産しているという。グループはDEV(ドイツ機械工業連盟)などのメンバーになり、ベトナムの多くの賞を獲得した。



タン・ア・ダイ・タイングループの製品の一つ。
撮影:コン・ダット


タン・ア・ダイ・タイングループの製品を紹介するコーナー。
撮影:コン・ダット



電気が節約できる温水器
撮影:コン・ダット


太陽エネルギーを利用した温水器
撮影:コン・ダット


太陽エネルギーを利用するRossiの温水器
撮影:コン・ダット


ソーラー温水器
撮影:コン・ダット
文:ビック・ヴァン
撮影:コン・ダット、資料