08/04/2016 15:14 GMT+7 Email Print Like 0

SAGOCAブランドの絨毯(じゅうたん)

じゅうたんを長年で生産し、経営する企業のSAGOCAは、先端の技術を応用し、デザイン分野で、国内外の客に人気がある。
SAGOCAは1992年に設立され、環境にやさしい原料を使い生産し、供給する。当時、SAGOCAは資金投資した、生産を重視したため、多くの人々に人気された。

シルク、綿、ジュートなど国内の原料の他、ニュージーランド、オーストラリアからの羊毛を輸入した。質のある原料のおかげで、サイゴンの絨毯は冬で暖かく、夏で涼しいである。


手で織られるサイゴンの絨毯


絨毯を織っている労働者


絨毯の柔らかさは同じように織られる


柄の種類は色々有り、サンプルの中から注文を受ける

SAGACA社の絵柄の種類は多く有り、お客さんは其の中から選ぶことができる


絨毯を紹介しているSAGOCA会社の社長
2015年、 SAGOCA会社の生産量は1万㎡、その中の20%は輸出された。
SAGOCA会社の社長



SAGOCA会社の製品は特別で、様々である。絨毯の模様も様々であり、柔らかさを感じさせる。

SAGOCA社の製品は、国内販売だけでなく、ロシア、フランス、ドイツ、アメリカ、ハンガリーへも輸出されている。



トン・ドゥック・タン故主席の似顔絵の絨毯


SAGOGAの絨毯について紹介する社長。

SAGOGAの絨毯の模様はベトナムの伝統的な銅鼓

SAGOGAの絨毯の柄に一つ


SAGOGAの絨毯の柄に一つ


現代的なSAGOGA社の絨毯の柄


ベトナムの文化の特徴を表わしたSAGOGAの絨毯
 
文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:ダン・キム・フオン