12/01/2018 16:18 GMT+7 Email Print Like 0

Robotcafe:技術の創造とインスピレーション

お客様に新たな風を吹き込む期待で、ベトナムのラックチュン通りにおけるRobotcafeのオーナーはウェーターのロボットを制作した。Robotcafeは飲み物を味わう空間だけでなく、ベトナム人の若者に技術の創造に参加することを勧める場所でもある。
ウェーターのロボットはMortarと呼ばれ、身長が130㎝で、体重が20㎏であり、体は石膏の混合物で作られ、電池で15時間動く。

Mortarはセンサーがつけられラインに沿って動き、お客様にサービスする。Robotcafeは宇宙船のように見え、宇宙の写真が張り付けられた窓がある。お客様はコーヒーを飲みながら宇宙を旅行しているように感じる。

Robotcafeはウェーターであるロボットを使うベトナムの最初のコーヒーショップである。


Robotcafeを設立したメンバーの一人であるヴ―・チュン・タインさん


MortarはRobotcafeを設立したメンバーの最初の創作品である。


作った飲み物をロボットが持っている皿にのせる。


機械で操作されるロボット


Mortarの操作システムはその顔の部分に取り付けられている。


Mortarは15時間動く。充電にかかる時間は6時間である。


Mortarはセンサーが付いたラインによって動く。


「どうぞ」としゃべるMortar


Mortarの顔の表情も変化できる。


Robotcafeは若者に創造のインスピレーションを伝える


ロボットを使うRobotcafeのにびっくりする多くのお客様


ロボットに人気のある子供たち


ロボットに人気のあるお客様


ロボットに人気のあるお客様


将来、Mortarより良いロボットが制作される期待がある。
 
Robotcafeはグエン・クォック・フィさん(1988年生まれ)とヴ―・チュン・タインさん(1993年生まれ)によって作られた。世界で、ロボットを使うカフェショップもあるが、ベトナムでグエン・クォック・フィさんとヴ―・チュン・タインさんはそのモデルに成功した最初の人たちである。

タインさんはロボットの制作の分野がよく理解している。大学の時、医療ロボットを制作した。ハノイ工科大学遠隔通信電子学科を卒業した後、タインさんは専門外の仕事をしてみたが、ロボット制作に希望を持っていた。

タインさんは2017年3月からロボットを制作し、2017年の年末まにMortarロボットを完成した。そのロボットを制作する時、タインさんとフィさんは多くの問題に直面し、多くの資料を調べた。何度も失敗したが、最後に成功した。Mortarロボットの生産費は1億ドン(約5万円)である。

制作した時から今まで、Mortarロボットはよく働いている。将来、フィさんとタインさんはコーヒー店で使うための3体のロボットを制作する予定である。Mortarロボットの新型はより現代である、多機能の装備され期待ができる。100,000,000

フィさんとタインさんはRobotcafeがロボット制作に興味がある若者にインスピレーションを伝える場所になることを期待する。

文、撮影:タット・ソン

他の記事