16/03/2018 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

Park Hang Seoコーチ:ベトナムのU-23サッカーチームの偉業の立役者

2017年10月、ヘッドコーチであるPark Hang SeoのベトナムのU-23サッカーチームは中国の常州スタジアムで開催されたAFC U-23選手権で2位にランクされ、ベトナムサッカーに栄光を与えた。
韓国サッカーの失敗から
子供の時、Park Hang Seo氏はサッカーに興味を持った。1979年から1988年まで、彼は韓国のプロサッカー選手であった。その後、彼は韓国代表サッカーチームのアシスタント コーチをした。
World Cup 2002に参加した韓国サッカーチームのアシスタント コーチをした後、彼は韓国のいくつかのプロサッカーチームのコーチをした。彼と韓国U-23サッカーチームはAFC U-23選手権2002年で第3位だったので、彼は韓国サッカー界から去った。その後、自分の故郷に帰り、青少年サッカーチームのコーチをした。


報告会におけるPark Hang Seo コーチ。撮影:チャン・タイン・ザン(Tran Thanh Giang)


ベトナムのU-23サッカーチームは中国の常州スタジアムで開催されたAFC U-23選手権2018の第2位を獲得し、ヘッドコーチPark Hang Seo氏と選手を歓迎するベトナムのファンたち。
撮影:コン・ダット(Cong Dat)

Park Hang Seo氏は2017年10月、ベトナムのU-23サッカーチームのヘッドコーチになった。Park Hang Seo氏とLee Young Jin韓国旧サッカー選手は、ベトナムの、サッカー選手を選択した。その中、ベトナム人のアシスタントコーチから各選手の技能力、性格に関する助言を受け、AFC U-23選手権に出場する選手を選び、U-23サッカーチームのリストを作成した。


「ベトナム国民の歓迎はWorld Cup 2002の時と同じく韓国人民が私とチームに対する歓迎のようである。今回、私にとって、ベトナム国民の歓迎は大きな意義があります。私のサッカー人生40年間において、これは私の誇りです。」
(Park Hang Seoコーチは、ベトナム国からの歓迎を受けた時、自分もベトナム人と同じ様に感じた、発表した。)

ベトナムサッカーの歴史に印を与えた100日

韓国のGuus Hiddink韓国代表チームのコーチアシスタントをした時の経験で、Park Hang Seoコーチは各選手たちを常に支持し、選手の体力の向上に力を入れた。練習時間の他に、コーチは各選手と話し、遊び、各選手のお父さんのようであり、サッカーチームの団結を強化することに務めた。


ミーディン(My Dinh)国立スタジアムで、行われた表彰式におけるPark Hang Seoコーチ。
撮影:コン・ダット(Cong Dat)


ベトナムのU-23サッカーチームの選手たちを指導するベトナムのU-23サッカーチーム。
撮影:チャン・タイン・ザン


ベトナムのU-23サッカーチームの選手たちを指導するベトナムのU-23サッカーチーム。
撮影:チャン・タイン・ザン
各選手を指導するときに、Park Hang Seoコーチは気難しい老人として呼ばれる。彼は選手の体力を改善させるために、サッカー連盟のジム室で練習することを要求した。そのほかに、各選手が十分な栄養を摂るために、豆腐を多く食べ、ミルクを飲むことを要求した。
Park Hang Seoコーチの指導で、ベトナムのU23のサッカーチームのフォーメーションを3-4-3から5-3-2に変更した。Park Hang Seoコーチによると、ルオン・スアン・チュオンキャプテンは彼が他の各選手のために、自分の考えを伝えることを援助した。
3ヶ月間、猛烈な訓練をしたことで、ベトナムのU-23サッカーチームは中国の常州スタジアムでのAFC U-23選手権で第2位を獲得し、ベトナムサッカー素晴らしい成果を与えた。ベトナムサッカーチームはAFC U-23選手権の決勝戦に出場した東南アジアで最初のサッカーチームになった。

文:ガン・ハー(Ngan Ha)、ミン・トゥー(Minh Thu)
写真:コン・ダット(Cong Dat)、タイン・ザン(Thanh Giang)

他の記事