29/11/2019 10:11 GMT+7 Email Print Like 0

Nguyen Hoang(グエン・ホアン)植物病理学者と生態学

「堅固な農業開発におけるビジョンと化学的な応用方法」の会議に出席し、4.0革命を促進する過程について意見交換をするために、ベトナムへ帰る100名の在外国ベトナム人知識者の一人であるグエン・ホアン博士(カリフォルニア大学)はベトナムの農業分野が4.0を運用した農業の開発過程において、4.0革命を実施した後、国家の利点とチャンスを援助するために、生態学の建設することを提出した。
カリフォルニア州の農業中心

UC Davis大学の植物病理学の学科で一連の研究と講義はカリフォルニア州の農業分野で応用される。グエン・ホアン氏は、1種の絶滅危具植物種の復活させる研究に対して博士号を取得した。
グエン・ホアン博士の研究はメディアによって紹介された。世界トップの農業大学で働いたグエン・ホアン博士は生態知識に基づく農業の建設することの効果を接近した。
グエン・ホアン博士によると、アメリカのような西方の各国においては、農業に関する研究院、生産者は農業助成モデルを実施している。



グエン・ホアン(Nguyen Hoang)博士・植物病理学者は「堅固な農業開発におけるビジョンと化学工業に対する応用方法」会議に出席し、4.0革命促進過程について意見交換をするために、ベトナムへ帰った100名の在外国ベトナム人の知識者の一人である。


カリフォルニア大学の試験室で研究するグエン・ホアン博士と同僚。


アメリカでの農業実地研究活動におけるグエン・ホアン博士と各同僚。


2017年に、アメリカのアリゾナ農業に関するセミナーにおけるグエン・ホアン博士と同僚たち。

UC Davis大学とアメリカの多くの大学においては、各大学は農業省の各センターと協力し、各会社が起業し、他の会社の生産を援助するために、知識センターを樹立した。
発生する各会社の技術問題は農業省と各大学の協調的拡張(Cooperative extension)システムは援助される。発展的な農業分野がある数多くの国家においては、他分野がある大学と協調的拡張システムは農業生態系の中心的な役割を持つ。

協調的拡張システムは大学と農業省間との協力システムであり、各会社の発生する問題の解決を援助する責任を負う。このシステムは農業省の指導で各会社に農業に関する知識を与え、各大学の研究問題を教師に提出する。
数百年間前に、現代的な農業技術はオランダ、フランス、ドイツなどの西方諸国で始められた。しかし、グエン・ホアン博士によると、日本、台湾、タイ、イスラエルなどの国は農業が発展しており、現代的な農業技術を応用している国である。これらの各国は、政府が投資して現代的な農業技術を習得するために、多くの学生が西方諸国に留学する条件を作っている。

4.0農業知識生態系を建設する

グエン・ホアン博士によると、4.0革命はベトナムの農業分野に積極的な変化を与えるよいチャンスである。このことを効果的に実施するために、ホアン博士によると、ベトナムの政府、会社、留学生たちは発展した農業技術を持つ各国の技術モデルを応用することが必要である。
グエン・ホアン博士によると、ベトナムの農業を変革できる最も重要なテクノロジーはインタネットである。この潜在力を認識したので、UC Davis大学に働いた時に、ホアン博士は専門家と各会社を繋ぐために、カリフォルニア州における非営利団体とVietAgGlobal全世界農業専門家共同体 (www.vietagglobal.com)を設立した。



世界トップの大学で農業分野に関する研究をするグエン・ホアン博士は知識に基づく農業生態化の建設の効果を直接に知る。


 グエン・ホアン博士とJack Comstock 教授はレー・ヴァン・タム氏(Lasuco 砂糖会社)と意見交換をする。


ハノイで行われた「堅固な農業開発ビジョンにおける化学工業に対する応用方法」会議でスピーチをするグエン・ホアン博士。

VietAgGlobalは卒業したベトナム人の学生たち、世界の各国家からの専門家を含む。各メンバーは国内の活動とコネクションを行うために、インタネットを通じて働きかけ協力する。

ベトナム教育組織(VEF)の援助で、グエン・ホアン博士は1アリゾナ州で、2016年に第1回目の「強固な農業セミナー」2017年に、第2の強固な農業セミナーをDistrict of Columbia地域で開催した。その他に、多くのベトナムの代表団をアメリカへ招いた。また、グエン・ホアン博士は多くのアメリカ人専門家をベトナムへ連れて来た。

グエン・ホアン博士によると、アメリカ、オランダ、イスラエル、日本、オーストラリアなどの各国家における大きな農業機関と多方の友好関係を建設することが必要である。
世界のトップの大学を退職し、2018年7月に、グエン・ホアン博士はベトナムへ帰った。現在、彼はホーチミン市の国家大学の自然科学大学の植物病学科の教師になった。

グエン・ホアン博士によると、彼はベトナム人であるので、彼の仕事はベトナム人のために、農業問題を解決することはもっと意義がある。
文:タオ・ヴィー
写真:ヴィエット・クオン、資料

他の記事