05/08/2016 16:39 GMT+7 Email Print Like 0

Minh Phu(ミンフー)-ベトナム水産物業界最大のブランド企業

アメリカ、日本、カナダ、オーストラリア、欧州諸国に冷凍のブラックタイガー、ティラピア、バナベイ海老を供給する企業であるMinh Phu(ミンフー)株式会社はベトナム最大の水産物会社の一つである。
約25年前の、1992年12月に設立されたミンフー社はカーマウ省の小さいな個人会社であった。2002年に、ミンフー社は、有限会社になり、海老を輸出し、水産物養殖業界の最大の会社となった。現在、株式を上場している。

ミンフー会社は、数年間の海老養殖の経営過程において多くの苦難を経験した。ブラックタイガーの価格競争が激化し、経費は日増しに高くなっていった。ミンフー株式会社は水産物市場での、自分の役割を認識し、会社の発展を促進し、生産工程を確立させた。


ミンフー株式会社の生産ラインの衛生基準は徹底されている
加工される前の原料の海老。

 海老の分類をする作業員たち。
カーマウ市ミンフー株式会社で働く人たち。
カーマウ工場とハウザン工場は、年間5万トンの海老加工品を生産する。
ミンフー会社の各工場は現代的な機械を使った生産ラインで製品が作られる。
ミンフー株式会社の水産加工品の種類は多様であり、良質で、パートナーに信頼がある。
包装される前に、製品は厳しく検査される。
ミンフー社の水産加工品は、アメリカ、日本、カナダ、韓国、オーストラリア、欧州などの80ヶ国に輸出されている。

ミンフー株式会社は、メコンデルタにおいて数万人の雇用を創出する。特に、カーマウ工場とハウザン工場は、年間の生産量は6万トンに達し、1万3,000人の雇用を創出する。ミンフー株式会社は7000種類の製品を生産する。工場の近隣の地域における人民の生活は、徐々に改善されている。
2016年に、ミンフー株式会社は、生産能力を強化し、売り上げを上げるために、生産ラインとテクノロジー関係を改善し、開発する予定である。


 

ミンフー株式会社は海老や魚の病気を研究し、水産物養殖モデルを開発するAquaMekong研究院を設立させた最初の水産物企業である。ベトナムにおいては、ミンフー会社はASC、Global GAP、Naturlandなどの国際基準に達した最初の会社である。


文:ソン・ギア(Son Nghia)
写真:ダン・キム・フオン(Dang Kim Phuong)