16/01/2020 10:53 GMT+7 Email Print Like 0

Iris NguyenとPerfumery Houseのブランドを設立

Iris Nguyenでも呼ばれるグエン・レー・クイン・ニューさんはベトナムで特に、スタートアップの業の中の人々に香水の製品であるPerfumery Houseのブランドで知られる。
クイン・ニューさんは「私はこの仕事をすることが思ったことがありません。」と述べた。そのため、様々な仕事をした後、クイン・ニューさんは一年近くで、現在の仕事を一時停止し、時間をかけ、自らができることについて考える。つまり、自分で自分を見る。

自分が興味がある薫香に偶然に戻るクイン・ニューさんは生物化学についての知識があり、だんだん香水を慎重に研究し、香水を実験した。最初、作った香水を友達に紹介し、試しさせた。みんなからの評価を受けた後、クイン・ニューさんは5の特別な香水を選択し、最初の香水のコレクションを紹介した。その後、Perfumery Houseのブランドが生まれた。

クイン・ニューさんの原料の一つであるベランダー


香水を作る原料は乾燥させられる。


原料の一つであるバラの花


エキスの段階


バラの花が溶媒に入れた後、バラの花の香がある。


多くの花が使われる。


精油の香を確認する


エキスさせる前、精油をチェックする。


香水の他、クイン・ニューさんはキャンドルもエキスする。


香水をエキスする方法を教えるクラスを開くクイン・ニューさん
 

クイン・ニューさんが開いた香水を販売する店を訪問するおおくのお客さんは多くの香が体験できることに楽しく思った。特に、香のサイクルは4の主な香りのグループがある。果物のような香り、甘酸っぱく、温かく感じる香、木の各部分の香、胡椒、チョコレートなどの香である。

クイン・ニューさんにとって、香がリズムのように音楽的な要素がある。そして、香水は肌にアレルギー反応がなく、アルコールがなく、標準に達する作り方がある。

クイン・ニューさんのお客さんは肌と服で長く守れることにも満足する。ニューさんの香水を使った人は他の人に知らせた。その後、クイン・ニューさんの香水のブランドは多くの人々に知られる。ニューさんは「それは私の幸運のことです。」と述べた。








クイン・ニューさんの特別な香水をご紹介しよう
 

 
文、撮影:トン・ハイ
他の記事