12/06/2020 14:23 GMT+7 Email Print Like 0

Hachi、アジアで最も革新的なスタートアップ

アジアで最も革新的な7つの企業の中の一つであるHachi株式会社は、ベトナムで4.0技術を応用した水耕栽培に成功した。
ハノイ工科大学と農業大学の若者によりスタートアップされたHACHIプロジェクトの資本金は1億ドンの資金でのである。IoTモノのインターネットを使用する方法でスマートな水耕栽培のシステムを実施した。その方法のメリットはスマートホンを通じて、センサーで温度、湿度、光を自動的に監視する。そのデータはHachiのサーバーに送られ使用者のHACHIアプリに送信される。それにより、使用者は環境の状態が把握でき、水をやる時間と光を照らす時間などをセットアップする。


水耕栽培の最初の段階は、野菜の種を小さく仕切られたプラスティック容器の中で栽培されることである。


水耕栽式により野菜は早く成長できる。


水耕栽培方式により野菜の成長のスピードは30%から50%まで向上させた。


水耕栽培で栽培される野菜は安全である 


水耕栽培の方法でよく成長するレタス



野菜に水をやるための水のタンク


インターネットのIoTを使用するHachi社

 

2019年5月、Hachiはフークォック島に住む農民たちに水耕栽培のシステムファームモデルを完成させたことは、ベトナムのどこの地域でも可能であることが確認された。Hachiもオーストラリアのメルボルンで水耕栽培のシステムを備えた。

ハティン省の農民であるヴィンさんは農業大学で水耕栽培モデルを見た後、ハティン省でそのモデルを準備する予定である。


2018年国家スタートアップセミナーで紹介される水耕栽培の模型


ハノイ農業大学にあるHachi会社の水耕栽培の模型を訪問する人々


オーストラリアのメルボルンで設立される4千㎡である水耕栽培の施設
撮影:資料

 

ベトナムHachi株式会社のダン・スアン・チュオン社長は、水耕栽培方式を応用したファームを発展させた功績により、ベトナムの首都ハノイで若者たちの優秀者の10人のリストに入り、インドで行われる首脳会議に出席する13人の候補者の一人であり、韓国で行われた2018年Asian Startup Submitで賞を獲得した。Hachiも2018世界経済セミナーでアジアで最も革新的なスタートアップである。
文:ビック・ヴァン
撮影:タイン・ザンと資料
他の記事