18/08/2018 13:02 GMT+7 Email Print Like 0

EIU、ベトナムの大都市での生活水準の改善を評価

首都ハノイとホーチミン市では生活水準がかなり改善されてきました。

先ごろ、イギリスの国際経済誌「The Economist」の企業間事業部門であるEIU=エコノミスト・インテリジェンス・ユニットは、2018年の「世界で最も住みやすい都市」ランキングでこのように評価しました。

EIUによりますと、経済が迅速に発展し、芸術、民間教育施設、インフラ整備などの評価基準で高い点数を獲得したことで、ハノイとホーチミン市のランクが上がったとしています。また、2大都市はこの5年間で、生活水準が遥かに改善されてきた都市のトップ5に入っています。

なお、毎年、EIUは数百の都市を対象に生活水準、犯罪、インフラ整備、健康ケア、政治的・社会的安定などの評価基準に従ってランキングを作成しています。
ソース:VOV