16/09/2017 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

Ecolink -ベトナムの古木のお茶を世界に紹介

ベトナムの最大のお茶を輸出する企業の一つとして知られるヒエップ・タイン(Hiep Thanh)会社( Ecolink)はFLOを通じて、外国人の消費者たちにベトナムの有機的なお茶の製品を紹介した。
2004年に樹立されたEcolinkは少数民族の人民たちがお茶を植える職業で、貧困解消を実現することを援助した。最初に、Ecolinkは数多くの困難に直面した。しかし、山岳地域におけるお茶を植える潜在力は大きいである。
ファン・ミン・ドゥック(Pham Minh Duc)Ecolinkの管理社長によると、有機的なお茶を生産することで、会社を樹立するとき、Ecolinkはタイ・グエン(Thai Nguyen)省のタン・クオン(Tan Cuong)地域に、プロジェクトを実現したのに、失敗に達した。しかし、Ecolinkの指導者と社員はお茶を生産するプロジェクトを成功に実現することに決心した。その後に、Ecolinkはラオ・カイ省のバン・リエン(Ban Lien)地域、ハー・ザン(Ha Giang)省のクアン・ビン(Quang Binh)地域、ライ・チャウ(Lai Chau)省のタム・ドゥオン(Tam Duong)地域に、お茶を生産するプロジェクトを引き続き実現した。
ベトナムのお茶の製品は外国に、人気があるために、Ecolinkは8年間に、欧州市場を研究し、欧州市場の要求にこたえるために、果物の味がある美味しいお茶を生産する。


Ecolink の平均的な成長速度は毎年に、20%に達する。 Ecolink の目標は2022年まで、500トンのお茶を輸出することである。 Ecolink は17つのプロジェクトを実現し、有機的なお茶を植えるために、1750人の農民と協力する。





そのほかに、Ecolinkはベトナム文化特徴の味がある有機的なお茶を生産する。Ecolinkはお茶を植えることにおいて、農業協同組合と協力する。
White Tea, Green Tea Fanning などのEcolinkの13つ類のの製品は欧州の有機的な製品基準(EC834/2007)、カナダの有機的な製品基準(CAN/CGSB 32.310, 32.311)に達する。この各製品は国際貿易経路(FLO)を通じて、安定的に消費され、欧州に人気がある。

ラオ・カイ省のバン・リエン地域におけるお茶の丘。


Ecolink 工場のために、お茶を収穫するタイ族の人民たち。


新鮮なお茶の葉はEcolink のお茶の製品を生産する原料である。


新鮮なお茶の葉は自然的な方法で、収穫される。

現在、ラオ・カイ(Lao Cai)省のバック・ハー(Bac Ha)群、ハー・ザン(Ha Giang)省のクアン・ビン(Quang Binh)地域、ライ・チャウ(Lai Chau)省のタム・ドゥオン(Tam Duong)地域におけるEcolinkの3つの大きな工場はアメリカ、カナダなどの北アメリカ、欧州にお茶を輸出するために、1年当たり150トンの生産高で、活動する。
そのほかに、Ecolinkはラム・ドン(Lam Dong)省のジー・リン(Di Linh)工場、ラオスのXamneua工場などの有機的なお茶生産援助工場がある。


ベトナムには、1キログラムのお茶は2米ドルの値段があり、欧州に輸出されるEcolinkの1キログラムは8米ドルの値段があり、特別な1キログラムのお茶は150米ドルの値段がある。このことはEcolinkのお茶が欧州、アメリカ、カナダなどの大きな市場に、人気があることを表現する。



お茶を生産する民族の農民たち。

Ecolink工場において、お茶を生産する民族の農民たち。

お茶を乾かす。

Ecolink の有機的なお茶。


アメリカ、タイの基準に達するEcolink 紅茶は欧州市場に消費される。

Ecolink の紅茶の製品
ラオ・カイ(Lao Cai )省、ライ・チャウ(Lai Chau)省などの山岳地域-丘に植えられる有機的なお茶の古木があり、観光客を常に歓迎する少数民族の人民がある場所を訪問するとき、観光客たちはお茶の自然的な味を味わうチャンがある。
文:ビック・ヴァン、写真:Ecolink