05/07/2019 11:51 GMT+7 Email Print Like 0

Austdoorローラシャッターのドアトレードマーク

シャッターの標章を設立から15年後、Austdoorグループはベトナムにおけるシャッターと各種ドアのトップの生産会社として知られる。
2003年に設立されたAustdoor会社はベトナムの消費者の要求に応じるために、
オーストラリアのB&Dグループとシャッターのドアに関する技術移転契約に調印し、ベトナムで現代的なシャッターを生産することを希望した。
ズオン・コック・トゥアンAustdoorグループの社長によると、設立当初は、ハノイのタインチー郡ゴックホイ地区に作業場(面積350㎡)を建てた。作業場では1年当たり2万㎡を生産した。現在、Austdoorグループには1,000人の社員(技術者を含む)がいる。Austdoorグループはフンイエン省、ゲーアン省、ドンナイ省のニョンチャック郡に5つの工場がある。
イエンミーのAustdoor工場は1年当たり35万㎡のシャッターを生産する。Austdoorグループは全国の63の省と市に500店の取次店と2,000店の販売店がある唯一のシャッター会社である。



Austdoorグループの高品質のあるローラシャッターの生産ライン


製品の規格を検査するAustdoorグループの技術者


製品の品質を管理するために、炉をコントロールする技術者。

シャッターの生産工程。

シャッターの品質検査をする工員たち。


市場に出荷される前の包装工程。

Austdoorグループは技術の改善を重視し、この15年間、Austdoorグループは消費者の要求に応えるために、ドアの品質を高めるために、技術を駆使し、開発へ引き続き投資してきた。
オーストラリアのドア生産技術で、Austdoorグループはベトナムの消費者たちの要求に適した製品に改善を開発してきた。
現在、、Austdoorのシャッターは国内のトップのシャッター生産会社であるばかりでなく、ベトナムが東南アジアでトップとなるドア生産国家の1カ国になることを援助する。
現在、Austdoorグループはラオス、カンボジア、ミャンマー、タイに、ドア製品を輸出する。2019年に、Austdoorグループはシンガポールをはじめ、アセアン諸国に、製品を輸出する予定である。



シャッターC70の製品。


透明なAustvisionローラシャッターのドアはAustdoorグループにより現代的なテクノロジーで、生産される。


Austdoorローラシャッターで組み立てられた現代的な建築。


L120 ローラシャッターが多くの家で使用されることは家主と家族に安心を与える。

ローラシャッターのドア製品のほかに、TopalアルミドアはAustdoorグループの戦略的な製品である。Topalアルミドア商標は2017年に紹介され、国際基準に達する。TopalSlimaアルミドアは現代的な形状で、一般的なドアである。Topal Prima アルミドアは高級なアルミドアであり、ベトナムアルミドア市場に人気があり、有名である。Topal Primaアルミドアは次世代のアルミドア製品であり、高級アルミドアのすべての基準に達し、ベトナムアルミニウム業界の発展に貢献を果たす可能性がある。
文:ビック・ヴァン(Bich Van)
写真:タイン・ザン(ThanhGiang)

他の記事