12/02/2020 15:18 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN遺産公園

ASEAN遺産公園は、生物の多様性を保存し、東南アジアも各国に対しての観光の価値を発揮させる努力の代表である。
東南アジア諸国連合生物多様性センター(ACB)のTheresa Mundita S. Lim博士は「生物多様性は私たちの食料源、薬の調製、衣服の原料、インフラの設立、企業などのソースです。そのため、生物多様性と環境に関する問題は他の発展の分野に関係があります。」と述べた。
ASEAN遺産公園は2006年から開かれ、東南アジア諸国連合生物多様性センター(ACB)のアイディアを有する重要なプログラムの一つである。東南アジア諸国連合生物多様性センター(ACB)のメンバーは「ASEANの地域内の生物多様性を保護管理することは地元の人々の暮らしの改善に貢献します。」と述べた。

環境局のグエン・ヴァン・タイ博士はASEAN遺産公園のプログラムが地域と世界の重要性を持つ生物多様性を保護する目標でASEANの各国の環境大臣に設立されることが環境についてのASEANの各国の人々の希望を表明すると述べた。

Bidoup - Núi Bà国立公園は、1,923種の植物が生息している。その中、蘭は297種類があり、ベトナムの蘭センターである。


観光客は、チュ・モム・ライ国立公園を訪問すると、村の文化に関心を持つ。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ウー・ミン・トゥオン国立公園はキエンザン省をはじめ、ベトナムの南部の西側の地域の誘致的な観光地となる。特質な生態形のウーミントゥオン国立公園は、世界的に貴重な森である。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ゴックリン天然保護区は1091種の植物が生息し、ベトナムのレッドブックの中に入った40種類の植物と世界のレッドブックの25の種類の植物がある。
撮影:ベトナムフォトジャーナル


ホアンリエン国立公園はベトナムの最大の森である。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



バベー国立公園の面積は7,610haあり、3,226haは厳重に保護され、中に面積300haの池がある。科学研究者によると、ここは生物多様性があり、石灰岩の山に見られる森の生態系の特徴を持っている。
撮影:ベトナムフォトジャーナル



ウー・ミン・トゥオン国立公園の動物、植物のシステムは様々で、243の種類の植物がある。
撮影:ベトナムフォトジャーナル

 

2019年12月10日、ラム・ドン省のダラット市において、環境総局は東南アジア諸国連合生物多様性センター(ACB)と協力し、ラム・ドン省のBidoup - Núi Bà国立公園、ゲアン省のプー・マット国立公園とフォン・ニャ―ケーバン国立公園の間にあるヴ―・クアン国立公園、タイ・ニン省のロゴ-サマット国立公園、コントゥム省のゴック・リン天然保護区の4の国立公園にASEAN遺産公園の証明書を授与した。それで、ベトナムのASEAN遺産公園の数は10地域になった。ベトナムはASEANの中、最も多いASEAN遺産公園がある。






ベトナムの10のASEAN遺産公園に棲息する動植物
 
ASEAN遺産公園になったことは生物多様性だけでなく文化、歴史の価値を有する生態系を保護することに、ASEANの各国の人々の生物多様性の保護の意識向上にも貢献する。

ACB(東南アジア諸国連合生物多様性センター)のClarria C. Adidaの代表はダラットのBidoup - Núi Bà国立公園を訪問する時、ここの文化と景観を理解することができる。Bidoup - Núi Bà国立公園とLangBiang世界生繭保護区はUNESCOに批准され、ここに住む民族と共に保護すべきの価値を作り出す。

編集:ベトナムフォトジャーナル