02/03/2021 10:29 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN観光マーケティング戦略

2月に開催された第53回ASEAN各国政府観光局オンライン会議において、新型コロナ感染症の流行の中、デジタル化と刷新が観光開発に重要な役割を果たすことから、ASEAN加盟国は積極的にテクノロジーとイノベーションの適用を強化するためのマーケティング戦略と行動を策定しました。
 
ベトナムはデジタルツーリズムに関するASEAN宣言の起草のホスト国であり、2020年11月12日の第37回ASEANサミットでASEAN首脳によって採択された。
具体的にはより魅力的な東南アジアの旅行ブランドストーリーを構築します。まずブランドの目標を定義し、共通のプロモーションチャネルでブランドを統一し、プロモーションビデオを作成します。また、対象となる市場グループと適切なオーディエンスとして米国、インド、英国、オーストラリアなどの英語圏をターゲットにし、プロモーション活動をより効果的に実施するためにFacebook、Instagramによる広告に焦点を当て、ソーシャルネットワークを介して広告・宣伝する戦略を開発します。
 
新しい段階のマーケティング戦略は、新型コロナ後に予測される傾向とASEANの財政能力に基づいて調整されます。この戦略は、ワーキンググループ、観光コンペティション委員会、および国家観光局のレベルで議論されました。


2020年8月9日、新型コロナの感染を防ぐために体温のチェックを受けるカンボジアのプノンペンの人々。
撮影:新華社/ベトナム通信社



2016年にカンボジアの有名な観光地シェムリアップで開催されたASEAN-中国の若者交換プログラムに参加したASEAN諸国の若者。
撮影:ファム・キエン/ベトナム通信社



2010年1月1日、バンコクではカラフルな花火大会で新年を迎えたタイの人々。
撮影:新華社/ベトナム通信社



2020年12月23日、タイのアユタヤ県の人々にマスクを配布するために象に乗ったサンタクロース。
撮影:AFP/ベトナム通信社



大晦日を迎えるために明るく装飾されたマレーシアのクアラルンプール。
撮影:新華社/ベトナム通信社



2021年2月12日、新型コロナの流行拡大を防ぐために消毒剤を撒くマレーシアのクアラルンプール。
撮影:新華社/ベトナム通信社



2021年1月11日、新型コロナにの感染を防ぐためにマスクを着用するマレーシアのクアラルンプールの人々。
撮影:新華社/ベトナム通信社



2021年2月8日、カラフルなランタンで旧正月を祝うシンガポールのマリーナベイのモール。
撮影:新華社/ベトナム通信社



ディエンビエン省最大のプラム栽培面積約20ヘクタールを持つフィエン・バン集落(ナタウ村、ディエンビエン市)。 ナタウの梅の花は1月中旬頃から2月末まで咲き、ロマンチックな美しさで若者たちに人気の場所になった。
撮影:スアン・トーゥーベトナム通信社



船に乗り、ライ・ヴン地区のチャン・バ・チュオット観光地のひょうたん栽培地域を訪れる観光客。
撮影:グエン・ヴァン・チー/ベトナム通信社

 

フェスティバルツーリズム製品開発プロジェクトの開催国であるベトナムは、現在、ASEAN加盟国の目的地を結ぶ14のフェスティバルをテーマにしたツアーを立案中です。他の国々の意見を聞きながら、ASEANフェスティバルツアーを紹介するパンフレットを完成させ、ASEAN公式サイトで広く発表されることが期待されています。

観光はASEANにおける重要な協力分野の1つで、ASEAN観光開発戦略2016年ー2025年では、次のようなビジョンを定義しています。「2025年までに、ASEANは質の高い観光地になり、訪問者に多様でユニークな体験を提供する。持続可能で、責任があり、包括的でバランスの取れた方向で開発し、地域全体の人々の社会経済的発展に大きく貢献する」。ビジョンを実現するために、戦略の中には共通の目的地としてのASEAN観光の競争力の強化と持続可能で包括的な開発の確保、観光労働の開発を促進するという2つの主要な方向性が設定されています。


2019年には、ASEAN地域への海外旅行者は約1億4350万人に達し、世界の海外旅行者の総数の9.6%を占める。 成長率は6.1%に達し、世界の一般的な成長率(4%)よりも高くなっている。海外旅行からの総収入は2017年と比較して、8.5%増加し1,709億米ドルに達した。
文:ベトナムフォトジャーナル
撮影:ベトナム通信社