27/01/2018 11:56 GMT+7 Email Print Like 0

ASEAN・インド対話関係樹立25周年を記念する首脳会議

(VOVWORLD) - 25日午後、ニューデリーで、ASEAN・インド対話関係樹立25周年を記念する首脳会議が行われ、ASEAN加盟諸国とインドの指導者らが参加しました。ベトナムからはグエン・スアン・フック首相率いる代表団が臨みました。 ASEAN・インド対話関係樹立25周年を記念する首脳会議 - ảnh 1 「価値を分かち合い、運命を共有する」と題する今回の会議で、ASEAN諸国とインドの指導者は双方の関係発展の展望について話し合い、戦略的対話関係を一層強化する措置で一致しました。一方、グエン・スアン・フック首相はASEAN・インド関係のコーディネーターとして、発言に立ち、これまでのASEAN・インド関係の発展ぶりを振り返るとともに、双方の協力の強化を目指す3つの構想を提案しました。 第1は貿易投資協力をASEAN・インドの戦略的対話関係の中核と見做し、第4次産業革命の成果を生かして、発展事業を加速すること。第2は陸上・海上インフラの整備・結合、草の根外交を促進すること。第3、地域の平和、安定の維持、伝統的、及び非伝統的安全保障問題への対応における協力を強化することです。 海上安全保障に関し、フック首相は双方に対し、法支配の原則を掲げ、1982年国連海洋法条約を遵守するとともに、海上での試練への対応を通じて、信頼醸成を促進し、海洋経済を集中的に発展させるよう要請しました。 会議の閉会式で、デリー宣言が採択されました。 これに先立ち、ASEAN諸国とインドの指導者は海上安全保障に関する非公式会合に参加しました。席上、インド洋と太平洋の安全保障、及び発展に対する海洋の重要性が訴えられました。 首脳会議の枠内で、フック首相とASEAN諸国、及びインドの指導者らはインド大統領と首相が主宰する歓迎レセプションに参加しました。 ソース:VOV