20/08/2019 10:58 GMT+7 Email Print Like 0

ASEANが抱える海洋におけるプラスチック廃棄物の処理

環境はプラスチック廃棄物をはじめ、廃棄物汚染は気候変化問題を含む世界の2つ問題の1つとして知られる。この問題の処理に、東南アジア諸国は環境における廃棄物を減らす具体的な方法がある。
国連環境プログラムのデータによると、毎年、約800万トンのプラスチックの廃棄物が海に投棄され、海洋生物の命を脅かし、食品の質にも悪い影響を与えている。ウミガメやクジラなどの海の生き物に対しプラスチックなどの廃棄物が悪い影響を与えている。

特に、アジアはプラスチックの廃棄物による汚染は、世界の海の60%を占めている。アジア諸国5ヶ国の海洋汚染がある国家の4ヶ国は東南アジア地域に属する。

海洋環境保護組織とマッキンゼーセンターの環境に関する報告書によると、中国、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピンは、ビニール袋やプラスティック製品のする大きな要求があるのに、廃棄物処理のインフラが不足する。長い海岸、豊富な財源、エコサービスがあるのに、海の環境が汚染すると、アセアンは海上経済活動からの大きな収入を失い、数多くの労働者が失業するおそれがある。



フィリピンのマニラ地域のゴミの投棄場。
撮影:ゴミ捨て場



インドネシアのスラウェシ省ワカトビ保存地区の海岸に流れ着いた死んだクジラの胃の中には、
プラスチック6㎏の廃棄物があった。
撮影:AFP/TTXVN



海岸には廃棄物が打ち上げられ、クアンホア省カムラン市
カムビン島の美しい自然に、悪影響を与える。
撮影:ズオン・チー・トゥオン(Duong Chi Tuong)-ベトナム通信社

 
MrsTheresa Mundita S Lim ・アセアン生物多様性センターの指導者によるアセアンにおける廃棄物を投棄防止の活動を評価として、いくつかの国家はプラスチックの製品の使用を制限する方法で、汚染された海の環境を浄化させる具体的なプログラムを実現している。

ブルネイ政府は2019年から、スーパーのビニール袋使用防止を目標とし、人民たちがエコバッグを使用することを奨励する。
カンボジアにおいては、大きなスーパーはビニール袋の使用を減らすために、ビニール袋1袋につき0,1米ドルを課せている。ラオスの公共地域では、リサイクルバッグを使用することを奨励している。

2014年から、タイ政府は、議会の政策プログラムとして、各機関また各企業において、ナイロンバック、プラスチック製のボトルの使用を減らす政策、廃棄物の処理問題を重視し、同時に、観光地において、プラスチックを原料とした製品の使用禁止の命令がだされた。タイ国では、毎年に、約200万トンのプラスチック廃棄物が排出される。

ベトナムは海洋におけるプラスチックの廃棄物処理問題において熱心である。最近開催された第12期のベトナム共産党中央執行委員会の第4回の会議において、海洋経済の成長と開発を目標とし、2030年までの海洋経済開発戦略に関する議決を公布した。ベトナム政府は海洋に投棄されたプラスチックの廃棄物の管理に関する国家活動計画を立て、海洋におけるプラスチックの廃棄物投棄に関する汚染問題を研究し政策を建てる。

プラスチックの廃棄物投棄の防止を懇願するために、ウオーク活動に参加するグエン・スアン・フック首相。
撮影:トン・ニャット(Thong Nhat)―ベトナム通信社


インドネシア、バリ島、デンパサール地域に近いクタ海岸でゴミを掃除する車両。
撮影:AFP・ベトナム通信社


キエンザン省フーコック郡のジンカウ海岸で、
ゴミを集める人々。撮影:レー・ズイ・ハイ―ベトナム通信社

ダーナン市ミークエー海岸の、ゴミを集める巨大な魚の模型。
撮影:チャン・レー・ラム(Tran Le Lam)-ベトナム通信社



ビントゥアン省ファンティエット市のドイズオン海岸で、
ゴミ集めをする500名の青年。
撮影:グエン・タイン―ベトナム通信社


ビントゥアン省ムイネー地域の海岸を
清掃する多くの人民と観光客たち。
撮影:グエン・タイン―ベトナム通信社


チュオンサー群島へプラスチック廃棄物を溶かす機械を運ぶ様子。
撮影:ベトナム通信社

 
他の各国家もプラスチック廃棄物を減少する目標を持っている。インドネシア政府は2025年までに70%のプラスチック廃棄物を減少させるために、1年当たり10億米ドルの資金を投入することを契約した。フィリピンでは、ナイロン袋の使用を禁止する政策を行っていないが、いくつかの地方ではナイロン袋を使用することをする。マレーシア政府はナイロン袋の使用禁止命令を出すことを検討している。
文:VNP、写真:AFP、ベトナム通信社