03/12/2021 01:16 GMT+7 Email Print Like 0

フック国家主席、ベトナム・ロシア企業座談会に出席

現地時間の12月1日午後、モスクワでロシアを公式訪問中のグエン・スアン・フック国家主席は、ベトナム・ロシア企業座談会に出席しました。
フック国家主席、ベトナム・ロシア企業座談会に出席 - ảnh 1
座談会でフック主席は、両国の企業にプーチン大統領との会談の結果を通知しました。これによりますと、両首脳により行なわれた会談は、経済や貿易などをはじめ様々な分野での協力チャンスを切り拓くとしています。また、ベトナムはASEAN=東南アジア諸国連合の中で経済規模が3位に立ち、15件の自由貿易協定を締結していることから、ロシア企業にとって有望な市場であるとしています。さらに、フック主席は、両国が農産物の輸出で協力を強化する可能性がある」と明らかにし、次のように語りました。


「ベトナムとロシアは70年あまりにわたり友好協力関係で結ばれています。両国の信頼にたる政治、外交、経済協力関係は将来、新たな発展段階を切り拓くでしょう。今後、貿易成長率を15〜20倍、投資成長率を3倍増にするという目標を掲げています。この目標を達成するため、両国の関連機関は経済・貿易に関する諸問題を適切に解決しなければなりません。また、ロシアに対し、二国間の貿易と投資にさらなる有利な条件を作り出すため、ベトナムとユーラシア経済連合との自由貿易協定の改正を提案しました。」
これに先立つ12月1日、フック主席夫妻率いる高級代表団はモスクワにあるホーチミン記念塔とレーニン廟を訪れ、花輪を捧げました。
ソース:VOV