29/09/2016 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

「新たな世代」のFTAを歓迎する毛皮の靴

ベトナムは靴の輸出で世界の第3位の国であり、年間の輸出金額は150億米ドルで、2030年には540億米ドルに達すると予想される。経済の専門家によると、「新たな世代」のFTAが実施される時、ベトナムの革靴の有利性は大である。
アメリカの市場で突破の段階
革靴はベトナムの伝統的な職業の一つであり、器用なベトナム人に合う。ベトナムには、人々に人気のある革靴を作る多くの村がある。ホーチミン市の4区には、革靴を作る伝統的な村がある。その村のチン・ゴック職人はシハヌークカンボジア国王の革靴を作った。現在、ベトナムには革靴を生産する550の企業があり、従事する労働者は6万人である。その製品は50ヶ国に輸出される。

靴を輸出企業は生産能力を向上させるために技術に投資する。
撮影:ダン・キム・フオン



世界の市場に参加するために各企業は技術に投資する。
撮影:ダン・キム・フオン



革靴はベトナムの古くからの職業の一つであり、繊細で器用なベトナム人に合う。
撮影:ダン・キム・フオン


靴を作る職人は訓練されているため、その製品の品質はよい。
撮影:ダン・キム・フオン



ベトナムは多くの労働者を抱えている。賃金は安くて質は高い。今が最盛期である。
撮影:ダン・キム・フオン



Bita’s会社の生産ライン。
撮影:チョン・チン



「新たな世代」のFTAのおかげで、毛皮の靴を作る職業は有利性がある。
撮影:ダン・キム・フオン



TPP、EUの市場とユーラシア関税同盟(ユーラシアかんぜいどうめい)またはロシア・ベラルーシ・カザフスタン3か国関税同盟(VCUFTA)

現在、ベトナムは革靴を生産する企業は550社ある。それに従事する労働者は6万人である。その製品は50ヶ国に輸出される。全国の1年間の輸出金額の8%から10%は革靴の生産によるものである。


ベトナムは輸出する革靴業界に対して有利である。この20年間、インセンティブの政策のおかげで、ベトナムは多くの国内外の投資家を集めた。大規模の工場はホーチミン市、ビンズオ省、ドンナイ省、ハイフォン省などに設立されている。同時に、人々の生活は改善された。


ベトナム毛皮の靴-かばん協会(Lefaso)によると、2015年、毛皮の靴を輸出する数は増える。その中、アメリカへの輸出の金額は51億米ドルに達し、2014年より50%に増え、EU の市場で44億米ドルに達した。

ベトナムで作る毛皮の靴は50カ国に輸出される。
撮影:ダン・キム・フオン


消費者に人気される製品。
撮影:ダン・キム・フオン



ベトナム製を紹介する展示会。
撮影:ダン・キム・フオン

ベトナムの皮靴の研究院によると、アメリカ靴小売協会は経済、通貨、政治と社会の安定、人材が豊富な、ベトナムの革靴の輸出には潜在力がある。

ベトナムの皮の靴を輸出する市場は伝統的な市場から新世代の自由貿易協定(FTA)と環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の中の国々との潜在力のある市場へ拡大する。

大きな市場へ向け

2030年まで、ベトナムの革靴の輸出金額は540億米ドルに達する目標がある。そのために、ベトナムの革靴産業は新世代の自由貿易協定(FTA)の有利性を効果的に利用しなければならない。


ホーチミン市でベトナムの革靴を作るために、ベトナム企業は蛇を飼育することに投資する。
撮影:チョン・チン



蛇の皮は革靴を作る材料の一つである。
撮影:ダン・キム・フオン



ホアカー株式会社の鰐の皮で作られた製品。
撮影:ダン・キム・フオン



ホアカー株式会社の蛇の皮で作られた製品。
撮影:ダン・キム・フオン



タイビン投資株式会社の革靴の原料。
撮影:ダン・キム・フオン




革靴を作る原料を見学する外国人
撮影:ダン・キム・フオン

新世代の自由貿易協定(FTA)に近づくために、ベトナムの企業はFTAについての情報を理解し、新しい生産の仕組みを作り、人材を養成する。

ホーチミン市で、Biti’’s会社、Bita’s会社、Vina 靴会社、タイビン靴会社、サイゴン靴会社、ザディン靴会社などの大きな企業は、大きな市場に参入するため準備をしている。

Biti’’sは世界市場に参入する目標を掲げ、世界へ自社製品の宣伝を展開した。それにより、Biti’’sの製品はイタリア、フランス、アメリカ、ロシア、日本、メキシコなどの世界の40ヶ国へ輸出される。

Vina 靴会社はベトナムで大きなブランドであり、1990年代でホーチミン市の市場へ入った。その後、Vina 靴会社は現代的な方法で生産に投資し、国内外の市場を占め、イギリスのSATRAとアメリカのNSRAに高く評価された。

しかし、ベトナムの革靴の業界は大きな挑戦に直面している。そのため、Lefasoによると、ベトナムの革靴の業界は現地調達率を60パーセントに向上させることが要求される。



ベトナムの高級な革靴を観る外国人。
撮影:ダン・キム・フオン


Biti’sの製品は世界の多くの国々で販売される。
撮影:ダン・キム・フオン


ホーチミン市のVincomプラザで紹介されるタイビン会社の製品。
撮影:ダン・キム・フオン



ホアカ会社の鰐の皮で作られた製品を選ぶ外国人。
撮影:ダン・キム・フオン

長期で、維持的なビジョンについて、ベトナムの工商省のホー・ティ・キム・トア次官はベトナムの革靴業界が原料を生産する工業地区を設立し、環境を整備し、投資家に呼びかける。他は、人材の養成と国内外でファッションセンターの開発を促進させる。


Lefasoの調査によると、ベトナムは中国、インド、ブラジルにつぎ、革靴の生産国で第4位であり、輸出国は第3位の国である。ベトナム製の靴は50ヶ国に輸出されている。

 
文:グエン・ヴー・タイン・ダット、チョン・チン