10/06/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

「マヌカンの生活」

グエン・カック・チン画家の「マヌカンの生活」と題された絵画展は東洋の文化の色で表わし、現代の芸術の中の日常生活と人々のことが理解できる。
2006年、美術大学を卒業したグエン・カック・チン画家は、油絵を描き、多くの絵画展に出品した経験がある。今回のチン画家の絵画展はそれを表明した。

絵画展は「鏡の中の自分」、「大事と小事」などの小さなテーマに分けた。絵画展を通じて、人々は画家からのメッセージが理解できた。それは現代の生活の中の孤独である。人々は感情がなく、マヌカンのようになるほど孤独である。そのため、グエン・カック・チン画家の絵の中の人はマヌカンの顔のように冷たく見える。

「マヌカンの生活」 のアイディアについて、グエン・カック・チン画家は「2年間前、偶然、マヌカンのような人を見ました。その時、本人とマヌカンの間の関係があるかと思います。」と述べた。

グエン・カック・チン画家の絵


「マヌカンの生活」と題された絵画展は多くの人の関心を集めた。


「瞑想」の作品


「大きな問題、小さな問題2」の作品


「男と蓮」の作品


「鏡の中の自分」の作品


「二重唱」の作品

「本の顔を探す」の作品


「マヌカンの生活」の作品
 

 
Bài: Ngân Hà- Ảnh: Tất Sơn