02/02/2021 10:04 GMT+7 Email Print Like 0

WHO調査団が武漢市場視察、世界初の新型コロナ集団感染確認現場

(VOVWORLD) -世界保健機関(WHO)主導の国際調査団は31日、世界初の新型コロナウイルス集団感染が確認された中国・武漢市の海鮮卸売市場を視察しました。同市場は昨年初めに閉鎖された後、内部に入ることが厳しく制限されています。

調査団は、治安部隊が厳重に警戒し、高い青色のフェンスの外側にさらにバリケードが築かれた海鮮卸売市場に到着しましたが、約1時間で現場を離れました。報道陣からの質問は一切受け付けませんでした。

これに先立ち、2週間の隔離を終了した調査団は武漢市内の病院や各種市場を訪れ、ウイルスとの戦いをテーマにした展覧会も見学しています。

調査団に属する専門家の1人、ピーター・ダスザク氏はツイッターに「本日、大変重要な場所である武漢の華南海鮮卸売市場を訪問しました。われわれのチームが2019年末に広がり始めた新型コロナウイルス感染症を理解する上で非常に参考になり、大事だ」と投稿しました。

専門家によりますと、感染源を究明する上で同市場の実施調査を行う意味はなお大きいです。ただ調査団が現地入りするまでには相当な時間がかかり、米国政府は中国の専門家が先に調査を行ったことなどを批判しています。(ロイター)