23/06/2021 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

ASEANに1兆円支援 脱炭素化、日本が表明―エネルギー相会合

(VOVWORLD) - 日本とASEAN=東南アジア諸国連合のエネルギー担当相による特別会合が21日、オンライン形式で開かれました。

日本とASEANのエネルギー担当相によるオンライン会合に臨む梶山弘志経済産業相=時事通信
日本はASEAN各国の温室効果ガス排出量削減のため、100億ドル(約1兆円)の金融支援を実施すると表明しました。温室ガスを回収・再利用する技術(CCUS)の開発や普及で連携していく方針も示しました。
特別会合は、イギリスで今月開催されたG7サミット=先進7カ国首脳会議で、発展途上国の気候変動対策支援で合意したことを受け、日本の呼び掛けで開催しました。日本からは梶山弘志経済産業相が出席しました。
梶山氏は会合の冒頭、温室ガスを排出する化石燃料の使用に国際的な圧力が強まる中、経済の成熟度が異なるアジアでの脱炭素化について、「道筋は一つではない」と指摘しました。各国の状況に応じた手法で温室ガス削減を進める必要性を強調しました。(時事通信)