01/03/2017 15:10 GMT+7 Email Print Like 0

40年間ベトナムの海域と島を研究するグエン・ニャー博士

この40年間、国への愛国を持ち、歴史と民族の文化の研究をしたグエン・ニャー博士はベトナムの主権、特にホアンサ島とチュオンサ島に関する資料を集めた。これはベトナムの海域と島の主権についての重要な資料証拠を供給することに貢献する。

1974年、中国がベトナムのホアンサ島を侵略した時、サイゴン師範大学歴史・地理雑誌(当時の有名な雑誌)のグエン・ニャ編集長はベトナムの海、島の主権の真相を明らかにするためにホアンサ島についての特別な記事を掲載した。
その1年間後、ホアンサ島がベトナムの主権であることを表わす資料、写真などを紹介する展示会を行った。


40年間ベトナムの海の島々を研究するグエン・ニャー博士
撮影:資料



ニャー博士は、ホアンサー島とチュオンサー島の主権の研究資料を実家に保存している。
撮影:トン・ハイ



2011年、アメリカのサンノゼ図書館におけるグエン・ニャー博士。
撮影:資料



2010年、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアのテンプル大学においてベトナムの海域と島についての座談会。
撮影:資料



2014年、ベトナムのダナン市で行われた「ホアンサ島−チュオンサ島:2014年歴史の真相」
と題されたセミナー。
撮影:資料


1838年フランス人宣教師 Taberdが作った地図にはベトナムのホアンサ島(Paracel)
の座標が詳しく記されている。



1838年フランス人宣教師 Taberdが作った地図を紹介するグエン・ニャー博士
撮影:資料

その時から、ニャー博士はホアンサ島とチュオンサ島の研究を続け、島に関する証拠をさがすため、ベトナムの多くの地方、島を訪問した。特に、リーソン島まで行き、ホアンサ島がベトナムの島である資料を研究した。そのことは多くの研究家に高く評価された。

2003年、「ホアンサ島とチュオンサ島でベトナムの主権の確立の道のり」と題されたグエン・ニャー研究家の博士の研究のテーマは高く評価された。この研究は歴史上の証拠もあり、ベトナムの主権の保護に貢献する。2017年7月、その研究の上でグエン・ニャー博士は「チュオンサ島とホアンサ島のベトナムの主権の証拠」という本を出版した。
その本の内容は、ベトナムの17世紀の封建時代にチュオンサ島などを測量し、道路やお寺などを設立し、その周りの資源を開拓したことについてである。この本を通じて、グエン・ニャー博士は若者をはじめ、多くの人々にベトナムの主権を保護することについて伝えていく。

この数年間、グエン・ニャー博士の多くの作品は英語の翻訳され、多くの外国人に知られる。ニャー博士もヨーロッパの各国、アメリカ、オーストラリア、シンガポールなどの学校で自分の作品を通じて、ベトナムの島々の主権について紹介した。


グエン・ニャー博士の本。
撮影:資料

教師としてのニャー氏は、学生に大切にされ模範とされている。
他は、2007年から始った企画で「ベトナムのキッチン−世界のキッチン」を担当し、外国にベトナム料理を紹介している。

今博士は高年であるが、歴史の研究に熱心である。歴史の他、ベトナム料理と詩にも興味がある。歴史や文化を詩にすることは民族の歴史を保存維持することでもある。


文:ソン・ギア
撮影:トン・ハイと資料

他の記事