18/06/2020 11:00 GMT+7 Email Print Like 0

韓国がASEAN加盟諸国の新型コロナ早期発見を補助

(VOVWORLD) -16日、ASEAN=東南アジア諸国連合に駐在する韓国の代表団は、ASEAN・韓国発展協力プログラム管理グループと連携して、「新型コロナウイルス感染症の早期発見のため、ASEANの能力向上」プロジェクトをスタートさせました。

リム・ジョクホイASEAN事務総長は「このプロジェクトは、感染症対策を目指して、双方の協力の模範になる」と確信しました。

(テープ)

「新型コロナウイルス感染症が流行してから、ASEAN加盟諸国間を始めとする、ASEANとパートナーは疫病対策に向けて協力を促進してきました。新型コロナ対策におけるASEANと韓国との協力は、医療分野と関連各分野において維持されています。医療用の設備や資材の贈呈、新型コロナ感染の診断・治療の能力向上などがさらに強化されます。」

一方、ASEAN駐在ベトナム代表団のチャン・ドック・ビン団長は、「韓国がASEAN加盟諸国に医療用検査器具や防護設備を提供したことは、地域内における疫病の感染拡大の抑制に役立つはずだ。」と強調するとともに、「ASEAN2020の議長国であるベトナムは、ASEAN+3首脳会議の共同宣言に盛り込まれる合意の遂行に努力している」と明らかにしました。