03/04/2021 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

達人グエン・タイン・チュン ベトナムの医学と武道への愛

現在、ユネスコのベトナム文化・スポーツ発展センターの副所長であり、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ(Lac Viet Vo Dao)武道宗派の責任者である達人グエン・タイン・チュン(Nguyen Thanh Chung)は伝統的な武道を発展させ、東洋医学による治療を組み合わせて一般の人々の健康を改善する分野において社会に多大な貢献をした人物です。
 

現在、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派には64の道場があり、毎週クラスが開かれているほか、多くの文化プログラムと協力して、美しい武道や武道の練習を一般の人々に広めている。
1963年にハノイで生まれた武道の達人グエン・タイン・チュンは14歳から武道を学び、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の拡大に貢献しました。彼は武道の真髄と言うべき武道の練習、蹴りを30年間収集すると共に、東洋医学(鍼、指圧)の知識を10年間にわたって習得し、現在、武道文化と東洋医学の宝庫の所有者です。
彼の熱意によって達人グエン・タイン・チュンはラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ宗派を発展させただけでなく、人々が健康と体質を改善し、一般的な病気を自己治療できるように医療と武道を用いました。ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ宗派には現在64の道場と約1万人の門下生がいますが、歴史的伝統の観点から、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ宗派は演武、武道サマーキャンプ、宗派のミス・ミスター武道コンテストなどの魅力的なトレーニング方法やプログラムでハノイの伝統的な武道をリードしています。特に、毎週「日常のコミュニケーションにおける社会的行動」について、達人グエン・タイン・チュンの講義があります。これはとてもおもしろく、練習を始めた門下生同士の絆、団結を深めてきました。

達人グエン・タイン・チュンはラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ宗派を広め、伝統的な武道の練習を一般社会に再現し、あらゆる年齢の人々が健康で、身体的バランスと精神的な栄養を持てるようにするとともに、ベトナムのすべての年齢の人々がスポーツを練習し、病気を予防し、一般的な病気を治療する精神的な伝道師でもあります。彼はどこへ行っても、体力と健康を改善するための健康トレーニングが必要な時には5歳の子供から90歳の高齢者までのすべての年齢の門下生にトレーニングと教育の模範を示しました。
ユネスコ協会ベトナム連合が賞状を授与し、保存・発展させる必要のある武道リストに掲載された
ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の創設者グエン・タイン・チュン。
写真:ヴィエット・ドゥック


ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の美しい武道の型を
披露する達人グエン・タイン・チュン。
写真:ヴィエット・クオン



ハノイのクアン・タイン神殿の庭で剣の舞を演じる達人グエン・タイン・チュン。写真:Viet Cuong 





ハノイのクアン・タイン神殿の庭で剣の舞を演じる
達人グエン・タイン・チュン。写真:Viet Cuong 

達人グエン・タイン・チュンの願いは「伝統的な武術を発展させ、世界に広め、海外の人々にベトナム武術を知ってもらう」ことです。2005年、彼はILO国際教育センター(トリノ市、イタリア)のセミナーに招かれ、ヨーロッパの武道ファンにベトナムの伝統的な武術を紹介ました。このセミナーは成功し、海外の人々から高い評価を受けました。多くのイタリアの武道の達人がラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派を練習するようになり、達人グエン・タイン・チュンもイタリア武術の技を学びました。ベトナムとイタリアの両国間の武術文化における協力が実現しました。達人グエン・タイン・チュンは現在、国際的な武術マスター証明書を取得しており、ベトナムの代表的な武道家であり、かつイタリアのトリノで国際戦士武道協会に参加しています。

この成功に続いて、達人グエン・タイン・チュンはベトナムの伝統的な武道を海外に広めるという精神で他の多くの国を訪問しました。多くの有名な日本の達人がベトナムに来て、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の道場を訪れ、ベトナムの文化的アイデンティティが染み込んだ美しい武道をとても気にいりました。多くの人々が宗派グエン・タイン・チュンに指導を頼みました。彼達は現在、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派をベトナムの多くの省や都市に広め、多くの人々が練習と研究に取り組んでいます。

ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派は武道の精神を広め、毎年門下生に卒業証書を授与するとともに、武道見学の形態を発展させ、それによって外国人にベトナム伝統医学と武道文化を紹介しています。20年以上にわたり、達人グエン・タイン・チュンと彼の門下生および仲間は人民安全保障アカデミーおよび人民警察学校と協力して、防犯のための特定の技術を教えてきました。古代の武道の技術によれば、近接攻撃は犯罪者と一緒に緩やかに、巧みに動きます。これらは警察の兵士や警官が任務を遂行するために、より多くのスキルを身に付ける上で役立つ武道です。

達人グエン・タイン・チュンは人々がより多くの護身術を持ち、健康を守り、人生で起きうるあらゆる出来事に対する不屈の精神と冷静さを鍛える手助けをするために多くの無料コースを開きました。現在、伝統的な武道は国民性の高いスポーツというだけでなく、病気を撃退し、人々の健康を増進するための実践方法でもあります。


武道のクラスを受講している若い門下生と達人グエン・タイン・チュン。写真:資料

ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の門下生による気功のパフォーマンス。
写真:Viet Cuong




ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の伝統的なイベントで各道場に記念賞品を授与する
達人グエン・タイン・チュン。


マスターグエン・タイン・チュンと
ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派の各師範。
写真:資料

達人グエン・タイン・チュンは、ユネスコ協会のベトナム連合から功績証明書を授与され、ラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派は保存と開発が必要な国の武道のリストに入れられた。

達人グエン・タイン・チュンはまた、自身の仕事の羅針盤として常に学び、さらに学び、永遠に学ぶという精神を持っている人です。若い頃、彼は国立経済大学とハノイ法科大学の二つの大学に通い、武道の事業がピークに達している時でも、勉強を続け、さらに東洋医学も勉強しました。

ここから、彼は東洋医学における鍼治療のポイントとして怪我の診断と病気の治療がどれほど重要であるかを理解しました。武道の先生と東洋医学の医者をスムーズに組み合わせ、彼は学校の多くの近視の子供たち、骨の老化による病気になった老人、他の多くの慢性疾患の患者を指圧と鍼治療の技術で治しました。彼はベトナムの多くの省や都市を旅して武道を学び、研究し、実践し、病気の人々を治療し、常に門下生や患者に愛されてきました。達人グエン・タイン・チュンは次のように述べています。「私にとって武道は『業』であり、医学は職業です。私はこれら二つを組み合わせて、門下生と周囲の人々が強くなるのを助け、それによって社会に役立ちたいという精神を持っています」

シンプルで謙虚で調和のとれた達人グエン・タイン・チュンは今でも定期的に門下生に武道を教えています。彼が住んでいる家には助言を求めて多くの人が来ていますが、人生の喜びと悲しみを癒し、分かち合ったすべての人々の笑いでいつもいっぱいです。彼にとって、武道と医学は生涯を通じて彼が抱いてきた二つの情熱であり、医療・武術を一人でも多くのベトナム人と世界中の武道愛好家に伝え、練習に参加するようになることが彼を最も幸せにすることです。「人々は武道を練習し、武道は人々を訓練します」はラック・ヴィエット・ヴォ―・ダオ武道宗派のメッセージです。武道を実践する人々は、純粋な道徳、困難を克服する意志、文明化されたライフスタイルを持ち、民族のアイデンティティを伝え続けます。


 

文:ビック・ヴァン

写真:ヴィエット・クオン、資料


他の記事