09/02/2015 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

花を植えるメーリン地区

紅(ホン)川のそばにある地区を花を植える地区に変えることは、ハノイのメーリン県の新たな農村の重要なプログラムである。ヴァンケ集落に、現代的な技術を利用した生花園とチャンヴィエット集落の新鮮な野菜を植える地区は、その典型的な地区である。
現代的な技術で花を植えるモデル地域
面積100haのヴァンクアン村のヴァンケ集落は、現代的な技術で、花を植えた花畑を見ると、様々な花に強い印象を受けた。ここの地区は前は、ホン川沿いの葦の畑であった。新たな農村のプログラムが実施された時から、ここは花を植える土地となった。
ヴァンケ集落のグエン・ヴァン・ニュ副首席は都市化の事業で農業の土地の面積が300haから100haまで減少されたため、 多くの家族は耕作する土地がなくなった。ヴァンケ集落は花を植えるためにホン川のそばにある土地を使用することを許可した。
調査結果によると、ヴァンクアン村の800の家族の中、500の家族は花を植えている。その家族の収入は毎年数億ドン(数百万)である。

ヴァンクアン村で植える花は様々であり、特にフランス、イタリアの花は多くの人々に人気されている。

 

メー・リン郡のホン川岸の地域における菊。撮影:ベトナムフォトジャーナル
メー・リン郡におけるリス花の庭。撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料
テトに際して、メー・リン郡の花は市場に売られる。撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

ホン川川岸の新鮮な野菜の村
ヴァンクエー町の花村を離れるとき、私たちはチャンヴィエット町のドンカオの野菜村を訪問した。
チャン・ヴィエット町は川岸における町であり、ヴァン・クエー町の地形と同様する地形がある。チャン・ヴィエット町の人民たちは清潔な野菜を植える模型を実現した。
チャンヴィエット町人民委員会副会長ダム・ヴァン・ティン氏によると、チャンヴィエット町は川岸の町であり、河原の大部分は、耕作できる土地がある。2000年前は、桑の木、バナナを植えた。しかし、これは、経済効果は高くない。そこで、人民たちは試験的に野菜を植えてみた。現在、300ヘクタールの農業土地の内、200ヘクタールは、野菜を植えている。この新鮮な野菜はハノイ、ハイフォン市、タイグエン市、フートォ市のために、供給される。

 

ヴァン・クエー町の模様。撮影:トン・ハイ(Thong Hai)

ヴァン・クエー町の野原に、収穫される野菜。撮影:ヴァン・クイエン(Van Quyen)
ヴァン・クエー町において、収穫されたトマト。撮影:ヴァン・クイエン(Van Quyen)
収穫された大根。

毎年、農民たちは3回から4回野菜を収穫する。多くの家族は1年当り2億ドン~3億ドン(約100万~150万円)の所得がある。
特に、チャン・ヴィエット町はハノイ農業・農村開発局により投資されるドン・カオ清潔な野菜農業協同組合がある。
チャンヴィエット町は2014年末に、新らしい農村プログラムに、公式参加する4つの町の一つである。メーリン郡のチャンヴィエット町は将来、発展することを希望する。

 
文:タオ・ヴィー
撮影:
ホアン・ハー-ヴァン・クエン-トン・ハイ