15/07/2020 09:22 GMT+7 Email Print Like 0

米上下両院外交委の指導者 、中国の権益主張を拒否

(VOVWORLD) - 13日、アメリカ上下両院外交委員会の指導者らは声明を出し、「ベトナム東部海域(南シナ海)のほぼ全域にまたがる海洋権益に対する中国の主張は完全に不法だ」と非難しました。
また、中国は2016年、中国の主張を否定した常設仲裁裁判所の拘束力のある裁判を遵守しなかったと共に、自国の主張を立証する法的証拠を提供しなかったとの見解を示しました。さらに、中国は周辺国に圧力をかけ、軍事拠点化や人工島埋立てなどを行い、他国の排他的経済水域で不法活動を進めてきたとしています。

そして、声明には「アメリカは国際法、海上・上空の自由航行を確保しながら、地域のパートナー国と組織にベトナム東部海域(南シナ海)の紛争を解決するための平和措置の模索を支援すると公約する」と強調しました。

こうした中、アメリカの幾人かの議員は中国の権益主張を拒否するアメリカ国務長官の声明を支持する声を上げ、ベトナム東部海域(南シナ海)での中国の挑発的な行動と覇権主義を批判しています。