01/04/2021 10:29 GMT+7 Email Print Like 0

第14期政府の最後の月例記者会見

(VOVWORLD) - 今年第1四半期における経済社会状況に関し、フック首相は、「経済・社会・環境という3つの分野は積極的に発展している」と評価しました。

3月31日、政府本部で、第14期の最後となった政府の月例記者会見が行われました。席上、グエン・スアン・フック首相は、「今任期には、政府が多大な成果を収めた」とし、次のように語りました。

(テープ)

「マクロ経済は安定し、GDPは2015年と比べ1・4倍増加しました。また、綱紀が粛正されたこと、歳入が増加したことなども重要な成果です。政府は成長モデルを効果的に転換させました。これは、二国間と多国間協力にチャンスをもたらしています。」

今年第1四半期における経済社会状況に関し、フック首相は、「経済・社会・環境という3つの分野は積極的に発展している」と評価しました。フック首相は今後の任務について、次のように述べました。

「今後、各省庁、部門、地方、機関は具体的な行動計画を作成する必要があります。同時に、パンデミック予防対策を強化し、ワクチン開発を促進しなければなりません。国防省は不法入国防止対策を強化する必要があります。」

このように語ったフック首相は閣僚らに対し、今後も、いかなるポストを務めても、国民奉仕のために尽力していくよう要請しました。