12/06/2019 10:43 GMT+7 Email Print Like 0

竹のトンボバランス―ベトナム農村の民芸品m

竹-ベトナム農村のシンボルで、ハノイ、タックタット郡、タックサー町の竹職人は器用さと創造力で、竹のトンボバランスを作る。竹のトンボはバランス原理に基づいて、作られるのでどこでも静止できる。
自然においては、トンボは世界の科学者により「奇妙な昆虫」として知られ、昆虫界の特殊な能力を持つ昆虫である。「空の暗殺者」、「ステルス戦闘機」の呼び名は科学者によって付けられた昆虫のニックネームの2つです。
ベトナムにおけるタイフオン寺の裾野における1つの村のフンサー町の伝統民芸の職人たちは簡素で、面白い竹のトンボを作った。特に、竹のトンボは重力バランス原理に基づいて、作られるので、どこでも止まれる。
グエン・ヴァン・タイ職人-タックサー村で初めて竹のトンボバランスを作った職人で「職人の持つ正確さが竹のトンボバランスを作るための条件です。」と言った。



タックサー村はハノイ、タックタット郡、
タイフオン地域にある。撮影:フイェン・ミー



竹のトンボを作る工程。撮影:フイェン・ミー


竹のトンボを作る原料は森林に自生している竹である。タックサー村における職人たちは
ホアビン省、トゥイエンクアン省、
ヴィンフック省などの地方の竹を買う。撮影:コン・ダット



竹のトンボを作る工程。撮影:フイェン・ミー

最も難しい作業はトンボを組み立てることである。撮影:コン・ダット


色付けされる前の竹のトンボ。撮影:コン・ダット


彩色される前の竹のトンボ。撮影:コン・ダット


トンボに細かい色付けをする職人。撮影:コン・ダット


トンボは様々な色で彩色される。撮影:フイェン・ミー

カラフルな色と模様でタックサー村の竹のトンボバランスは人気がある。
撮影:コン・ダット



竹のトンボに飾りつけをする工程。撮影:フイェン・ミー


トンボを作るために、職人たちは多くの工程を行う。
撮影:コン・ダット

竹の原料選びからトンボを組み立てる工程までを行こなうには、職人たちは細かさ、技術、経験が必要である。

タイ職人によると、外国人の観光客たちは竹のトンボに、興味を持つ。然るに、トンボバランスは重力原理を利用して作られるので、どんな所でも、静止でき、深い感動を与えられる。



トンボバランスは多くの場所で売られている。
竹トンボを手に取ると誰もが子供の頃の懐かしさを思い出す。撮影:コン・ダット。



タックサー村はトンボのほかに、蝶や孔雀の形も作っている。
撮影:フイェン・ミー




竹のトンボはベトナム農村の民芸品文化の一つである。撮影:コン・ダット








竹のトンボは農村の誰もが持つ子供の頃の思い出と関連する。撮影:コン・ダット

最初に、竹のトンボは農村における子供たちの玩具である。その後に、竹のトンボは有名になり、タイ・フオン寺を訪問する観光客たちのための記念的な贈り物になる。

その後に、タックサー村の竹のトンボバランスはハノイ、ホイアン旧市街、ダーナン市、ニャーチャン市、フーコック市、ホーチミン市などの全国の主な観光地で売られ外国でも多く見られるようになった。
タイ職人は竹のトンボバランスをベトナムに来た外国人の観光客に売る他に、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、日本などの各国の越僑たちから注文を受ける。
タックサー村における職人たちは竹のトンボを通じて、トンボと人との愛情を表現する。 
文:タオ・ヴィー
写真:チャン・コン・ダット