13/04/2021 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

磁器の水牛ー辛丑2021年の幸運の置き物

ミンロンI株式会社(ビン・ズオン省トゥアン・アン市フン・ディン町フン・ロック通り333番地)の職人たちは、新年の幸運をもたらす辛丑2021年の干支、水牛の置き物を巧みな腕と選び抜かれた自然の素材から、「釉薬掛け」技術を使い、1.380oCで焼成し、多くの独特な製品を生み出します。
ミンロンI株式会社の磁器水牛コレクションには黄金、福禄、繁栄、如意、幸福という5つのテーマがあり、さまざまな形の水牛を通して5つのメッセージと願いが込められています。黄金の水牛は自由、大胆、荘厳、そして健康的な性格を持っています。人間の最も美しい年代である青春の象徴として、像の角、尾、脚などの細部を24金で装飾してアクセントを施し、芸術性を高めています。福禄の水牛は、今年の水牛の置き物セットで唯一、横たわる姿をした水牛であり、1年間の厳しい労働を終え、リラックスした外観になっています。繁栄の水牛は、健康的な体格の水牛で、「困難を克服」の象徴として4本足でしっかりと立ち、楽しげな顔で身体を前に向けて、笑顔の口をしています。好意の水牛は笑顔が素敵な水牛の像で、両足で立ち、金色の米を持ち、新年に幸運が訪れることを示唆しています。幸福の水牛は子供のように陽気で無邪気な笑顔にくつろぎ、平和、幸運の願いを込めています。
 

ミンロンIのリー・ゴック・ミン社長とミンロン磁器の水牛製品。


24金メッキ前の段階。



磁器の水牛窯焼成ライン。



窯で焼成されたばかりの磁器の水牛。



出荷前に行われる磁器の水牛製品の検査。



様々なサイズが揃ったミンロンIの磁器の水牛シリーズ。



王者という名の水牛像。



繁栄という名の水牛像。



福禄という名の水牛像。



如意という名の水牛像。



幸福という名の水牛像。


黄金、福禄、繁栄、如意、幸運という意味の名前が付いた
ミンロンIの磁器の水牛像。

 
ミン・ロンI 株式会社のリー・ゴック・ミン社長は水牛を作るにあたって、最も難しいのはそのカリスマ性であり、喜び、幸福、特に若い水牛の状態を表すことで、それを描写できてこそカリスマ性に到達することができると述べました。それぞれの水牛の像は外観が違い、異なる模様で描かれていますが、水牛の置き物が寛大さ、大胆さ、力強さ、強健さを持ち合わせていれば、それで十分に完璧と言えます。
 

文と撮影:レー・ミン