21/03/2019 15:11 GMT+7 Email Print Like 0

目立つなカユプテの黄色い花

「絶え間のない畑」という観光地へ来ると、観光客はカユプテの森の静かな雰囲気の中でリラックスし、おいしい空気をすうことができる。

ホーチミン市から90km近く離れ、ロン・アン省モック・ホア県ビン・フォン・タイン集落にあるドン・タップ・ムオイ薬料研究・保存・発展センターとも呼ばれる「絶え間のない畑」という観光地に到着した。

ここで、ドン・タップ・ムオイ薬料研究・保存・発展センター株式会社のブイ・ダック・タン社長、モック・ホア・チャム薬料工場の質の指導者であるゴー・キム・ズン薬剤師と会見した。カユプテの黄色い花は観光客に印象を与えた。面積が千haであるカユプテの森の周りにある道、そのそばにある経路は観光客に平和の感覚を与える。


睡蓮がある経路の真ん中で船に乗り、カユプテの森を楽しむ


ここはロン・アン省の特用林である


観光客はここで多くのことが体験できる 


カユプテの森の周りに14kmの道で自転車を運転しながらカユプテの匂いを嗅ぐ。




カユプテの森の中


自転車に乗り、カユプテの森を発見する

 

面積が千haである保護区で、観光客は睡蓮がある経路の真ん中で船に乗り、100年の近くのカユプテの木があり、植物の80の貴重な遺伝子があるカユプテの森を楽しむ。カヤックを漕ぎ、自由の感覚を体験し、平和な光景を見る。他は、魚を釣ったり、自然な湖で泳いだりすることもできる。

ここで、多くの鳥とコウノトリなどがいる。雨季の旧暦の15日に、観光客は詩的でロマンチックな光景が見える。その体験は観光客にとって、忘れられないことである。



ここもロン・アン省の特用森でもあり、薬料の木を栽培し、薬料から多くの製品を生産する。薬料の効力などを詳しく教える看板がある。観光客は薬料から作ってみた製品が使える。



それぞれの薬料の木の情報について書かれる看板




薬料の木の一つにお世話をする


薬料がある水に足を入れる


ここの特産物は観光客の親戚、家族の人々似のお土産になる。
 

ここへ来ると、多くの単純な特産物と料理が賞味できる。その料理はここにある材料、木とここで飼育される動物から作られ、ダイエットと菜食の相手に合う。



観光客はここで「薬料で浴びる」という治療の方法も楽しむことができる。
それは森と自然の環境を通じて、健康を援助する方法でもある。観光客は部屋の中で、外でテントの中で休むことが選択できる。原始のメラルーカの森でメラルーカの匂いは観光客にエネルギーとすっきりした気分をもたらす。

文、撮影:ダン・キム・フオン