10/10/2019 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

生物学における組織バンクとベトナム医療分野の新たな進歩

2018年末に、ベトナムは国際基準に達する最初の組織 バンクを設立した。このことはベトナム医療分野は世界医療の新しい幕開けと共に新たな進歩を表わす。世界医療の新たな幕開けは再生医療の幕開けでもある。
ベトナムの医療分野の新たな発展

2018年10月16日に、ベトナムの最初の組織バンクは、Viet Duc(ヴィエットドゥック)病院で落成された。
組織バンクが設立されたことはベトナムの医療分野において、歴史的な意義がある。Viet Duc病院の院長であるチャン・ビン・ザン氏によると、医療進歩の最終目標は多くの患者を治療し、体の機能を再生させ助けることである。
現在、世界46ヶ国に設立され300の組織バンクで再生医療が始められている。チャン・ビン・ザン博士によると、最初の組織バンクが設立されたことはベトナムの医療分野に、新たな発展を与える。

 


チャン・ビン・ザン博士、Vietduc病院の院長によると、最初の組織バンクが設立されたことはベトナムの医療分野に、
新たな発展を与える。



組織バンクの医師により組織を保存することの利点とプロセスに関するカウンセリングを受ける患者の親戚。


組織は国際基準に従って保存される。

チャン・ビン・ザン教授によると、Viet Duc病院は北部で有名な外科病院である。毎年、この病院では67–68.000 術の手術が行われる。
それで、、この病院では脳死の人、ドナーの切断された手足の一部の組織や内臓が多くある。同時に、VietDuc病院で、数千人の患者が臓器移植、心臓弁移植、血管移植、腱移植を求めている。
それで、VietDuc病院は、組織バンクの強みが利用でき、ザン教授によると、世界における少ない病院の強みを持っている。

ザン教授によると、組織バンクは組織を保管し、組織移植技術をするばかりでなく、臍帯幹細胞を保管し、これは将来における幹細胞生産分野を形成させる基礎である。
ザン教授によると、世界で、幹細胞生産分野は発展的な医療工業になり、効果的に患者を治療する。それで、組織バンクはベトナム医療分野が世界の医療と並行して新たな幕開けを望み設立された。

新たな希望を与え
組織バンクを訪問した日、チャン・ディン・グエン医師が、交通事故で怪我をした患者を手術するところを直接見ることができた。


新鮮な組織を保管する保管装置。


組織サンプルは、医師が血腫腱の分離処理をした後、温度 – 80℃の凍結保存装置に入れる。


凍結機に保管される組織サンプル。

組織を凍結乾燥するための原料。


国際組織バンクの基準の現代的な設備を持つ組織バンク。


組織サンプルは、冷凍貯蔵装置に入れて- 80℃で保存する。


冷蔵庫の温度は細かく検査される。

組織サンプルは、医師の手で分離及び血腫腱を処理して、 - 80℃で、冷凍貯蔵機で保管される。
切断患者、脊椎骨癌の患者のために、手足,...代替の骨片がないと、身体障碍者になる。グエン医者によると、その患者たちは不幸だけでなく、家族や社会の負担になる。組織バンクがあると、ドナーの体は保存される。その体は患者に移植され患者たちに健康な体を与える。
グエン医者によると、臓器組織の寄付行動は自分を援助するばかりでなく、自分の親類を援助する行動である。

ベトナムの最初の組織バンクは、組織を保管し、グラフト技術、幹細胞の研究・教育センターになる予定である。同時に、ヴィエット・ドゥック病院の組織バンクは、将来設立される他の組織バンクと技術移転をし、ベトナムの医療分野が世界の医療と共に新たな幕開けを援助するための重要な基礎である。

文:タオ・ヴィー
写真:ヴィエット・クオン