11/11/2015 11:32 GMT+7 Email Print Like 0

現在のドン・タップ・ムオイ

メコンデルタの洪水のセンターと呼ばれるドン・タップ・ムオイは農業生産に失敗したことで多くの外国の科学者をがっかりさせた。しかし、40年間後(1975年-2015年)南部の人々が土を改造し、洪水を控えることは画期的なことになった。そのおかげで、ここはベトナムの全国の穀倉地帯隣となり、ベトナムの食料と海の安寧を守り、ベトナムが世界の輸出の大国となったことに貢献した。
開拓の工事
歴史のよると、ドン・タップ・ムオイは19世紀から生まれ、ティエン川の下流にあり、草ばかりが合った。毎年、6ヶ月間、ここは洪水となり、残りの6ヶ月間、旱魃であるため、木などを植えることはできません。フランスの殖民が南部を占領した時でも、フランスの殖民は開拓するための専門家を派遣したが、ドン・タップ・ムオイで米を売れることができなかったため、無理した。
明礬がある土は農業の土の質と人々の生活に悪い影響を与たえた。ベトナムのロン・アン省タック・ホア県タン・タイ集落のグエン・タイン・タイ氏の家族はドン・タップ・ムオイで生活をした。タイ氏は「当時、ここは人が少なく、1キロメートルの道の中で、一軒の家だけが見えました。そこから明礬が見える保護水の中に明礬がたくさんありました。人々は何回も澄ました。」と述べた。
国が統一した後、全国の食料の需要の前、ここはドン・タップ・ムオイへ移民を行った。


畑の土を研究しているドン・タップ・ムオイ農業研究発展センターの公務員。撮影:レー・ミン
ドン・タップ・ムオイ地域で研究している研究者。撮影:資料

ドン・タップ・ムオイ地域を開拓している南部の人々。撮影:ベトナムフォトジャーナルの資料

米の種類を研究しているドン・タップ・ムオイ農業研究発展センターの公務員。撮影:レー・ミン


ドン・タップ・ムオイ農業研究発展センターにおいて米が研究されている。撮影:トン・ハイ


ベトナムのロン・アン省タイン・ホア県タン・タイ集落の土においてレモンの木を植える。撮影:トン・ハイ


ドン・タップ・ムオイにおいて植えている木。撮影:トン・ハイ

ベトナムのロン・アン省タイン・ホア県におけるチャンネル。撮影:レー・ミン
ベトナムのロン・アン省タイン・ホア県キエン・トゥオン集落におけるキエン・トゥオン町。 撮影:トン・ハイ
 
ドン・タップ・ムオイは面積が697万haであり、クウロンデルタの18%を占め、ロン・アン省、ティエン・ザン省、ドン・タップ省などで広まっている。その中、ロン・アン省はその面積の50%を占めている。
ベトナムのベン・チェ省、ティエン・ザン省、カ・マウ省、ロン・アン省からドン・タップ・ムオイまでの数千人は米を植える農場を作った。6年間後(1976年-1982年)、ドン・タップ・ムオイ地域は27の農場を作り、面積が22万2369haである土で米を栽培している。

 現在、ドン・タップ・ムオイの人々はいつもヴォー・ヴァン・キエット故首相の恩を覚えている。1980年代、ヴォー・ヴァン・キエット故首相は当時、大臣教会副会長であり、ロン・アン省、ティエン・ザン省、ドン・タップ省の指導者と会談し、ドン・タップ・ムオイを改修したと決めた。

 その後、多くの研究の団、科学者はドン・タップ・ムオイへ集中し、研究した。その中、ホーチミン市地理-資源院からのホー・ヴァン・チン副教授、博士のグループの研究は標準となった。
 
ドン・タップ・ムオイ(Dong Thap Muoi)地域へのティエン(Tien)川、ヴァム・コー(Vam Co)川からの淡水は消毒するばかりでなく、植物と人民たちの生活のために、淡水を供給する。
 
ドン・タップ・ムオイ(Dong Thap Muoi)地域へのティエン(Tien)川、ヴァム・コー(Vam Co)川からの淡水は消毒するばかりでなく、植物と人民たちの生活のために、淡水を供給する。
 
 
1983年、ドン・タップ・ムオイ(Dong Thap Muoi)農業研究・開発センターはロン・アン省、ヴィン・フン(Vinh Hung)郡に樹立され、酸性硫酸土壌 に、稲を植える方法を研究する責任がある。 
その時期に、同センターは数多くの効果的な方法を研究でき、応用した。
グエン・ヴィエット・クオン(Nguyen Viet Cuong) ドン・タップ・ムオイ(Dong Thap Muoi)農業研究・開発センターの指導者によると、水利システムを改造し、稲を植える技術を応用し、肥料を使用する方法はドン・タップ・ムオイ地域を変化させることに貢献を果たした。 メコンデルタにおける大きな稲の生産高を有する地域
 
ロン・アン省に属するドン・タップ・ムオイ地域においては、稲はロン・アン省の稲の生産高の80%を占める。ロン・アン省における稲の生産高は現在、1年当たり2,85百万トンに到達する。この地域における稲を植える面積は約15万ヘクタールに達し、稲の生産高は2万7千トンに達する。

メコンデルタにおける稲を植える地域
ベトナムが開放したとき、ドン・タップ・ムオイ地域の生産高は1年当たり70万トン~80万トンに達した。今までに、稲を植える面積は1年当たり35万ヘクタールに達する。2014年の統計書によると、稲の生産高は1年当たり3,5百万トンに達した。毎年、ドン・タップ・ムオイ地域の米の生産高はベトナムの輸出米生産高の20%を占める。
 2015年9月に、私たちはドン・タップ・ムオイ地域を訪問した。この時点は夏・秋稲収穫シーズンにある。ドン・タップ・ムオイ地域は吸う多くの黄色がある広い稲の野原があり、各郡、町への大きな道があり、電気ネットワークがある。人民たちの生活は日増しに改善させられる。
ロン・アン省のキエン・トゥオン(Kien Tuong)町は2013年に、この40年間に、ドン・タップ・ムオイ地域の大きな発展を表現し、国境地域における地方の新たな農村の町である。

 この40年間に、稲を植える職業で、稼ぐヴぉー・ティー・ホン(Vo Thi Hong)女史(ロン・アン(Long An)省、キエン・トゥオン(Kien Tuong)町)は数多くの農民たちとともに、1年間に、3回に、1ヘクタール当たり7トン~8トンの稲の平均的な生産高で、稲を収穫する。
 

 
 

収穫するシーズンにおけるドン・タップ・ムオイ地域の野原。撮影:トン・ハイ
現代的な農業機械を使用するドン・タップ・ムオイ地域の農民たち。撮影:レー・ミン
現代的な農業機械を使用するドン・タップ・ムオイ地域の農民たち。撮影:トン・ハイ
ドン・タップ・ムオイ地域の掘割に、稲、米を運輸する船。撮影:レー・ミン

ドン・タップ・ムオイ地域の掘割に、稲、米加工工場へ稲、米を運輸する船。撮影:レー・ミン

 現在、稲を植える地域ほうかに、ドン・タップ・ムオイ地域は数多くの植物を植える。タック・ホアー(Thach Hoa)郡、タン・タイン(Tan Thanh)郡、モック・ホア(Moc Hoa)郡、タン・フン(Tan Hung)郡、ヴィン・フン(Vinh Hung)郡は稲を植えることほかに、年末に、スイカを植える。ティエン・ザン(Tien Giang)省のタン・フオック(Tan Phuoc)郡はとろろ芋を植え、ロン・アン省のタック・ホア(Thach Hoa)郡はパイナップル、レモンを植え、ヴィン・フン(Vinh Hung)郡、タン・フン(Tan Hung)郡はスイカ、胡麻を植える。
レー・ヴァン・ホアン(Le Van Hoang)氏・ロン・アン省農業農村開発局局長によると、ロン・アン省における農業機構変化のことはドン・タップ・ムオイ地域の発展目標である。しかし、稲はドン・タップ・ムオイ地域の重要な役割を有する。
 数多くの困難に直面するのに、ドン・タップ・ムオイ地域は現在と将来の経済社会発展のチャンスを収穫する。
 

VINAFOOD2会社に、米を生産する模様。撮影:レー・ミン



VINAFOOD2工場に米を包蔵する過程。撮影:レー・ミン

VINAFOOD2工場に米の質を検査する。撮影:レー・ミン

文:ソン・ギア(Son Nghia)
写真:レー・ミン(Le Minh)、トン・ハイ(Thong Hai)、資料