01/07/2019 10:12 GMT+7 Email Print Like 0

海産物の養殖技術―クアンホア省の独特な養殖モデル

地理条件の良い、カインホア省は戦略的なモデルとして、海産物の養殖を開発した。オーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)、第3水産物養殖研究院と漁民たちは海産物の養殖を開発するために、カインホア省と協力した。独特な海産物養殖形式は人民たちに安定した所得を与え、生活の改善をさせるばかりでなく、尽きるおそれがある海洋資源の保存に貢献を果たす。
地理条件が良く、海岸線は3,260kmの長さがあり、100万k㎡の排他的経済水域に大小4,000の島、湾曲した湾の形はベトナムにおける海産物養殖職業のために、よい条件を作った。
南中部の海岸地域に位置するカインホア省は水産物の養殖で有名な地域である。カインホア省は長い海岸線ときれいな海、適当な塩分濃度のよい自然条件がある。現在、カインホア省での海産物養殖業には新しいテクノロジーが応用される。

絶滅の恐れのあるナマコの保護

海洋の漢方薬として知られるナマコは昔から、中国をはじめ、数多くの国で、栄養食品として知られる。ナマコは伝統的な薬として高く評価される。それでナマコの需要は多くなり、ナマコ漁は発展した。それでナマコは絶滅するおそれがある。

ベトナムはナマコが生息している国家の1カ国である。カインホア省の海域をはじめいくつかの地域においては、以前、多くのナマコは自然環境の中で成長した。今、ナマコは少し残る。それで、ナマコ養殖を研究することは経済問題でけでなく、海産物を保存する問題である。



グエン・ディン・クアン・ズイ博士(中部海産物国家センターの副監督)は、在ベトナムACIARの専門家たち、農産物研究者の旧研究生たちに、クビレズタはナマコと一緒に育てることが可能性であることを説明する。
(スピーカーを持っている人)



クビレズタが国内外市場に、人気があるばかりでなく、
クビレズタはナマコと一緒に育てられる可能性があり,水質環境の改善に貢献を果たす。



ハネジナマコを養殖する工程。


ナマコとBabylonia tesselataを養殖する場所は、カインホア省ヴァンニン郡にあるオーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)、第3水産物養殖研究院間の国際協力プロジェクトの実験場にある。


グエン・ディン・クアン・ズイ博士(中部海産物国家センターの副監督)の紹介で、ACIARの後援されるプロジェクトを見学する 管理者たち、専門家たち、農業研究者である旧研究生たち


養殖1年間後には、ナマコの重さは3匹で1kgに育つ。
ナマコと巻貝、クビレズタ、小エビを養殖することは海岸
と島の人民たちのために、雇用を創出し、所得を与える。


熱帯的なナマコの中にハネジナマコは最大の値段があり、1キログラムのハネジナマコ当たり115米ドル~640米ドルから1千670米ドルに達する。2015年に、全世界のハネジナマコ数量は156トンに達し、73万2千米ドルの金額に達する。このハネジナマコの大部分はベトナム、マレーシアに養殖された。
(ソース:FAO、2018年)
研究10年間後に、ハネジナマコに関するこの2つのプロジェクトと各国際プロジェクトはベトナムにおいて、ナマコの養殖業が形成させた。
この他、この国際プロジェクトはカインホア省の海岸の漁民たちに、雇用を創出し、ナマコの養殖方法を学ぶため、ナマコの養殖管理方法に関するコースを実施した。
現在、ナマコの1匹の値段は3千ドン~1万ドンで取引される。ナマコの成長期間は10ヶ月から12ヶ月である。漁民たちは3匹~4匹で1㎏になると収穫する、ナマコの平均的な収獲高は1ha当たり2,5トンである。ナマコの生存率は80%を占める。
ナマコを養殖することは水産物の輸出に貢献をし、栄養食品の供給と人民たちの健康改善にも貢献を果たす。

ハタを養殖するために、多方協力を実現し、ハタを養殖する技術を収穫すること

ナマコを養殖するばかりでなく、第3水産物養殖研究院の科学者はハタも養殖している。ハタを養殖は養殖業の開発にチャンスを与える。
チュオン・コック・タイ博士。ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターの指導者によると、ハタの成長は速く、高い経済価値があるので、ベトナムを含む多くの国の優先的な魚である。しかし、ベトナムでは貿易規模でのハタを養殖する地域がない。そのほかに、ハタを養殖する研究は大きな資金が必要であり、多くの問題に直面している。
この計画、「ベトナム、フィリッピン、オーストラリアにおけるハタ養殖技術開発」プロジェクトは2014年1月1日から2018年12月31日まで行われ、多方からの協力を通じて、ベトナムの大規模でのハタの養殖についての問題を克服させた。
このプロジェクトはオーストラリア国際農業研究センター(ACIAR)により支援され、オーストラリアのSunshine Coast 大学からのAbigail Alizur教授がこのプロジェクトを指導した。グエン・ヒュー・ニン博士(第3水産物養殖研究院)、Felix Ayson 博士(東南アジア職業開発センター)は、在ベトナムとフィリッピンプロジェクトのコーディネーターである。



ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターで成長したハタの精子を検査する技術者たち。


雄雌のハタとハタの稚魚の養殖システムは近代的なシステムである。


ハタの稚魚を飼育する地域を検査する
チュオン・コック・タイ博士(ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターの指導者)と同僚。



ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターのハタの飼料となる藻の養殖。

ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターで育てられるハタの成長は早い。


カインホア省にはニャーチャン湾、カムラン湾、ヴァンフォン湾の3つの湾があり10万㎡を有する。自然条件、気候条件はロブスターとハタをなど海の魚の養殖に適する。
ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターはハタの養殖規程を成功させた。センターは2018年に、質の良い8万匹のハタの稚魚を育てた。そのハタの稚魚はハタを養殖する漁民たちのために、低価格で売られる。
研究結果によると、ハタを養殖事業は徐々に発展をみせている。ハタの成長は早く、病気に強く、あり市場に人気がある。
チュオン・コック・タイ博士によると、このプロジェクトは引き続き展開していく。ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターは全国のハタ養殖要求に応えられていない。この数年間、ベトナムは台湾、中国から、ハタを輸入してきた。それで、ニャーチャン海産物養殖研究・開発センターはハタを養殖する漁民たちの要求に応えるために、このプロジェクトは続けていく予定である。

文、写真:チョン・チン