17/09/2019 14:20 GMT+7 Email Print Like 0

海へ流れ出たプラスチックの廃棄物

毎年、ベトナムで海に投棄されたプラスチック廃棄物は、世界のプラスチック廃棄物の6%(0,28t~0,73t)のプラスチックの廃棄物が流れ出て、中国、インドネシア、フィリッピンに次ぐ。
プラスチックで汚染された海岸

ベトナムのタインホア省ハウロック県におけるダロック海、グーロック海、ミンロック海における海岸汚染はプラスチックの汚染の典型的な汚染を表わす。これらのどこの海岸でもマングローブ林にゴミが見れる。満潮時や大きな波があった後、数千から数万のナイロン袋、ボトル、瓶、樹脂製品などが海岸に漂着する。

世界の観光都市として知られるダナン市でも、プラスチックのゴミがあふれる。観光客が多くのと魚を釣る船が多すぎることと海から漂着することはトクアン港、ソンチャ半島とミーケ海岸、ノンヌオック海岸、グエンタットタイン海岸における汚染事情が慎重になる。



海底に沈んだゴミの回収と珊瑚などを保護するベトナムのクアンナム省ホイアン市クラオチャム海保存管理委員会の会員
撮影:タット・ソン



大潮か大きな波があった後、数千から数万のナイロン袋、ペットボトル、瓶、樹脂容器などが海岸に漂着する。
撮影:タット・ソン


ダナン市のトクアン港でゴミが回収されるが、多くのゴミはその周辺に住んでいる人々の生活に影響を与える。
撮影:タット・ソン



ダナン市ソンチャのマンクアン海の海岸の人々の生活にプラスチックのゴミであふれる。
撮影:タイン・ホア



プラスチックのゴミにあふれるダナン市のトクアン港。
撮影:タット・ソン



ダナン市ソンチャーのマンクアン湾のプラスチックのゴミ
撮影:タット・ソン

 

ソンチャー半島の北側のダデン海岸地区には、ハン川と海から漂着したゴミが流れついき海岸を覆い、発砲スチロールなど軽いものは山の中腹まで風に飛ばされて集まっている。

6月22日、第34回東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議において、ベトナムはASEANの各メンバーとASEAN地域における海のゴミを防止するバンコク宣言と海のゴミについてのASEAN行動枠を批准した。
クアンナム省ホイアン市クラオチャム世界生繭保存地区でも、激しく管理されているのにゴミに「侵攻された」。クラオチャム海保存管理委員会のグエン・ティ・ホン・トゥイ会員はその廃棄物が珊瑚、海草の成長に多くの影響を与え死滅の危機に接している。それは同委員会が研究し、保護する対象である。

ベトナムは南北に約 3,200km の海岸線を持つ国であり、海上経済を発展させる潜在力があるが、プラスチックの廃棄物の処理問題を抱えている。その80%の廃棄物は大陸からである。


ベトナム、プラスチックの廃棄物による「災害」を削除することに決心

ベトナムの人々はプラスチックの廃棄物投棄を抑え、プラスチックの廃棄物に「No」という。2021年まで、すべての店舗、スーパーで、使い捨てのプラスチック製品を使わなくし、2015年まで、全国で使い捨てプラスチック製品を使わない目標がある。それは6月9日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相の呼びかけであった。

その呼びかけは人々に呼応され、社会に拡散される。

ベトナム資源・環境省によると、ベトナムの首相に提出するためにプラスチックの廃棄物の管理方法の総合的な提案を早めに完成すること。



ベトナムのダナン市ソンチャ半島のダデンの地区で多くのプラスチックの廃棄物を拾うボランティア
撮影:タット・ソン

 

 
ベトナムのダナン市ソンチャ半島の海岸でゴミを拾う500人のボランティア
撮影:タイン・ホア



ダナン市グエンタットタイン海岸でゴミを拾う外国人の観光客たち。
撮影:タット・ソン



ベトナムのダナン市ソンチャ半島の海岸でゴミを拾う外国人旅行者。
撮影:タット・ソン



ゴミを集めるためのゴミ袋を船に積み込むダナン市の若者たち
撮影:タイン・ホア

 

プラスチック廃棄物に直接に関連する経営、生産などの関連者も効果的で、維持的なアイディア、方法を提出した。多くのベトナム企業やグループはプラスチックの廃棄物の防止をする連盟とベトナム包装リサイクル連盟を設立し、環境に影響を与えるプラスチックの製品を排除し、環境に優しい製品を生産する。

ある企業は包装、鞄、ボトル、コップ、ストローなどの環境に優しい、分解できる製品を生産することに投資する。例えば、An Phát Holdingsグループ、ティン・ダット国際株式会社である。

特に、プラスチックの廃棄物を防止し、「ホワイトな汚染」の災害を削除する運動は都市および海岸に住んでいる人々に応援される。








 
環境に優しいストロー、包装、箱、コップなどの製品
撮影:タット・ソン



人民たちの考えを変えさせるためにプラスチックの廃棄物の害について伝えるパフォーマンス。
撮影:タット・ソン

 

6月29日、 2019年G20大阪サミットにおいて、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は海洋のデータについての情報網を設立するアイディアを発表し、海の環境を保護するため、プラスチックの廃棄物を防止対策の全世界の基準に向ける。
ダナン市において、ボランティアは環境を愛することと熱心で、ダデン海岸におけるプラスチックの廃棄物を拾うことを呼びかけるfacebookのファンページを作った。

ベトナムのクアンナム省のクラオチャム島で、海底まで沈んだゴミを回収し、珊瑚などを保護するため、この数年間、海底の環境を研究している。





文:タイン・ホア
撮影:タット・ソン、タイン・ホア