17/07/2020 09:42 GMT+7 Email Print Like 0

東部海域の支配への野望をけん制すべき

(VOVWORLD) - 先頃、アメリカ戦略国際問題研究所の主催により、ベトナム東部海域(南シナ海)に関する第10回年次シンポジウムがオンライン形式で行われました。
席上、アメリカ国務省の代表はベトナム東部海域の最近の複雑な動きと領有権紛争に関わる当事者間の衝突危機に懸念を示すとともに、アメリカは自由で開かれたインド・太平洋地域のために、闘い続け、ベトナム東部海域に対する対策を強化していくと明らかにしました。

デービッド・スティルウェル東アジア・太平洋担当の国務次官補は「アメリカは国際法に従って海上の自由航行を確保し、紛争の平和的解決を支援する。これはアメリカの重要な利益につながるものである」と明らかにしました。

シンポジウムで学者らはベトナム東部海域の不安定を引き起こすいかなる国もの一方的な行動は国際法に違反し、信頼を損なってしまうとの見解を示しました。