17/12/2018 10:24 GMT+7 Email Print Like 0

東海:安全と発展のために協力

第10回の東海に関する国際科学セミナーにおいて、学者たちは、東海における軍事施設の建設を強化することは、現在において最も危機であり不安を掻き立てる物である。将来、東海における平和と安定を維持するために、今回のセミナーで法の専門家は、平和的な方法で、紛争を解決する国際法律の各規程を実現することを強調した。
「東海地域における安全と発展の協力」と題された第10回の東海に関する国際科学セミナーはダーナン市で、2018年11月11日と12日の2日間、外国人の優れた学者たちや在ベトナム外国の機関と組織の代理を含む220名の代表が参加して行われた。
学者たちによると、東海における軍事施設の建設強化は、現在最も危機であり不安を齎す。東海地域での軍事の促進は海面、海底、東海の上空に出現する。


ダーナン市で行われた第10回東海に関する国際科学セミナーの開幕式の模様。撮影:タイン・ホア


第10回東海に関する国際科学セミナーには89名の外国人の学者、在ベトナム外国機関と組織の代表者を含む220名が参加した。撮影:タイン・ホア


第10回東海に関する国際科学セミナーは2日間行われた。撮影:タイン・ホア


第10回東海国際科学セミナーにおいて、各学者は東海における平和、安定、発展を維持することについて、意見交換をし、意見を提出した。撮影:タイン・ホア


学術的な観点からみて、東海問題は外国人の知識人の注意を引く問題である。撮影:タイン・ホア


国内外の通信社、テレビ局からの約110名の記者は第10回の東海に関する国際科学セミナーに関するニュース、記事を掲載する。撮影:タイン・ホア

数多くの意見は気象局などの東海における民事工程を建設することを拡大することに対する心配を表現する。
第10回の東海に関する国際科学セミナーにおいて、数多くの専門家は東海における安全に影響を与えるいくつかの新たな問題を分析した。無人機は使用することは法的な論争を作った。この無人機を使用することは将来に、競争危機を増す。
そのほかに、海における財源、魚、石油開発を競争することは地域における不安な要素として評価された。
将来における東海における信頼建設、平和、安定維持について、討論するとき、数多くの学者によると、各方は自分の要求を再び評価し、海洋法に関する国際連合条約を含む国際法律に適当しない要求を棄却することは必要である。各方は平和方法で、競争を解決することは必要である。
同セミナーにおいては、法的な専門家は平和な方法で、競争を解決し、国際法律に従って、武力を使用しないことを強調した。
各学者たちによると、このごろ、各方はまた正式な行動規範(COC)交渉に努力した。しかし、正式な行動規範(COC)交渉プロセスは長期に行われる。
正式な行動規範(COC)交渉のほかに、各学者たちによるとアセアン諸国は東海における他の規則を建設することは必要である。



討論する前に、資料を研究する代表。撮影:タイン・ホア


Anton Tsvetov 氏―ロシア戦略研究所の指導者は「ロシアと東海」プレゼンテーションの制作者である。撮影:タイン・ホア


Robert Beckman 教授、シンガポール国家大学、国際法律センター、政策と海律プログラムの指導者は「各方面の立場と要求」セミナーが司会した。撮影:タイン・ホア


ロイヤル戦略研究所のCleo Paskal 女史。撮影:タイン・ホア


新アメリカ安全保障センターのPatrick Cronin 博士。撮影:タイン・ホア

オーストラリア国防学院、ニューサウスウェールズ大学のCarlyle Thayer 教授は新聞記者のインタビューに応じる。撮影:タイン・ホア


意見交換をするRobert Beckman 教授、シンガポール国家大学、国際法律センター、政策と海律プログラムの指導者とストックトン国際法センターのRaul "Pete" Pedrozo 教授。撮影:タイン・ホア

グエン・ヴ―・トゥン博士、外交学院の指導者によると、学術的に基づいた、東海問題は様々な内容の研究問題であり、多くの学者の関心を集める問題である。今回のセミナーでは、各学者たちは東海における平和、安定、発展の維持に貢献を果たす望みを表わすために、多くの提案について積極な意見交換をした。
文、写真:タイン・ホア