24/10/2019 10:36 GMT+7 Email Print Like 0

日本訪問中のフック首相、各国の指導者と個別会見

チェコのアンドレイ・バビシュ首相はベトナムの新興航空会社バンブーエアウェイズ(Bamboo Airways)がハノイとプラハとの直行便を就航するため有利な条件を作り出すことを強調しました。

22日午後、東京で開催された天皇陛下の即位礼正殿の儀に参加するため、日本を訪問中のグエン・スアン・フック首相はチェコのアンドレイ・バビシュ首相、ブルガリアのルメン・ラデフ大統領、アルバニアのイリル・メタ大統領とそれぞれ個別会見を行いました。

フック首相との会見で、チェコのアンドレイ・バビシュ首相はベトナムの新興航空会社バンブーエアウェイズ(Bamboo Airways)がハノイとプラハとの直行便を就航するため有利な条件を作り出すことを強調すると共に国防、鉱山開拓などの分野でベトナムとの協力を強化する用意があると明らかにしました。

日本訪問中のフック首相、各国の指導者と個別会見 - ảnh 2
フック首相とブルガリアのルメン・ラデフ大統領と

の会見

ブルガリアのルメン・ラデフ大統領との会見で、フック首相はベトナムが2020年に、アセアン=東南アジア諸国連合議長国を務める時、ブルガリアがアセアンとの協力強化に便宜を図る用意があると述べました。また、ブルガリアが早期にベトナムとEU=欧州連合とのIPA=投資保護協定を早期に批准すると共に。欧州議会がベトナムとEUとのFTA=自由貿易協定を早期に批准するため働きかけるよう希望を表明しました。

フック首相とアルバニアのイリル・メタ大統領との会見で、双方は両国の企業と国民が取引チャンスをつかむ為、経済貿易フォーラムを開催する必要があると強調すると共に、両国が二重課税防止協定、及び、投資の促進保護協定を早期に締結するため、交渉を開始することで一致しました。

同日夜、フック首相は皇居・宮殿の豊明殿(ほうめいでん)で開かれた天皇陛下の即位を祝う祝宴「饗宴きょうえんの儀ぎ」に出席しました。これは日本訪問したフック首相の最後の活動となります。
ソース:VOV