24/02/2020 11:03 GMT+7 Email Print Like 0

新型肺炎でアジア旅客13%減 航空各社、3.1兆円減収―IATA試算

【ニューヨーク時事】国際航空運送協会(IATA)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年のアジア太平洋地域の旅客需要が従来予想より13%減少するとの試算を発表しました。

中国企業を中心に、同地域で運航する航空各社にとっては278億ドル(約3兆1000億円)の減収につながるということです。

IATAの昨年12月時点の予想では、同地域の旅客需要は前年比4.8%増と見込まれていました。

新型ウイルスの影響を踏まえ、世界全体の旅客需要は従来予想比4.7%減、航空各社の減収幅は293億ドルと予測しました。
ソース:VOV