24/09/2020 11:07 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ感染地域に滞在するベトナム人を迎い入れる

全世界で新型コロナ感染が起こっている中、ベトナム政府の指導に従い、各機関は、外国に滞在しているベトナム人を新型コロナ感染が発生している国、地域から迎える計画を設立した。今まで、ベトナムは、50ヶ国、地域の2万7千人を運ぶ100便を行った。その回帰の意義は苦難の際、ベトナム人を保護するベトナムの精神であり、「同胞」の相愛でもある。
超特別な100便以上の飛行便

2020年1月25日、世界で最初の新型コロナ感染の患者が発見された日から3日間後、ベトナムの首相は、各国、地域に滞在するベトナム人を保護す確保ることを主導的に実施した。外務省は、その責任を担当する先頭の機関であるため、トー・アイン・ズン外務次官は、政治的だけでなく、「心から命令」でもある。

この8ヶ月、ベトナムは、国内の新型コロナ感染を防止しながら、外国に滞在するベトナム人の心、考えを理解しなければならなかった。関連機関は「後ろに残る人はいない」という主導的な決意で主導的にベトナム人民を保護した。

新型コロナ感染症は、世界のどこでも拡散されている。外国に滞在するベトナム人が、ベトナムへ戻りたいと言う期待を理解するため、2020年3月18日から行われた 新型コロナウイルス感染予防対策国家指導委員会の会議において、ベトナムのヴ―・ドゥック・ダム副首相は「外国に滞在するベトナム人を帰国させる必要が場合があれば、多くの困難があっても、ベトナム共産党、国家、ベトナムの人民は力を尽くし、できる限りの方法でベトナムの人民を保護する。」と述べた。



2020年2月10日から、政府の指導を受け、ベトナム航空は新型コロナウイルス感染の発症の中心である武漢市に滞在するベトナム人を迎える飛行便を開いた。
撮影:ヴィエット・リン



7月28日、5人の飛行士、8人の男性客室乗務員、2人の地上の技術家、2人の医者、2人の看護婦の19人の航空隊が ベトナム航空のAirbus 350飛行機に乗り、赤道ギニアへ行き、新型コロナウイルスの感染者を含む219人のベトナム人を迎えた。
撮影:ヴィエット・リン


新型コロナウイルス感染者が入る陽圧室
撮影:ヴィエット・リン



空気調和機、アルコール浸けしたタオル、ごみ袋、案内書などが備えた。
撮影:ヴィエット・リン



在南アフリカベトナム大使館は、空港へ行き、帰国するベトナム人民のチェックインの手続きを援助する。
撮影:フィ・フン



在モザンビークベトナム大使館帰国するベトナム人民のチェックインの手続きを援助する。
撮影:フィ・フン

 

在ロシアベトナム大使館は、帰国の飛行便の前のベトナム人民たちを援助する。
撮影:チャン・ヒエウ



キプロス共和国とサウジアラビアから帰国するベトナム人を運ぶ最初の飛行便
撮影:Vietnam Airlines



在アメリカベトナム大使館とベトナム国営航空は、アメリカの関連機関は340人のベトナム人を安全に帰国させた。
撮影:Vietnam Airlines



ノイバイ空港に到着した時のベトナム人129人の笑顔
撮影:Vietnam Airlines



ベトナム関連機関は、ギニア国から帰国したベトナム人をハノイのドンアインにある第2号中央熱帯病病院の隔離地区へ行くことを案内する。
撮影:ベトナム通信社

 

在インドベトナム大使館のファム・サイン・チャウ大使は、ベトナム人の帰国が困難に直面した為、「同胞が安全に着陸する時だけで深く寝れた」と述べた。3月22日から計画を立てたが、2か月間でインドの各地方からニューデリーへ戻る方法がなかった。しかし、ファム・サイン・チャウ大使とベトナムの外務省の職員とは、苦労の連続で、あきらめない決意でベトナム人を帰国させる飛行便は、安全であった。

日本で、在日本ベトナム大使館のヴ―・ホン・ナム大使は、この間の仕事は多くの圧力がかかった。人民保護職員は1週間で一日中電話の対応をする。それぞれのベトナム人民に対する電話、Eメールは、外国に滞在するベトナム人に対して貴重な意義を有する。

アメリカで新型コロナウイルス感染が拡散する前、在アメリカベトナム大使館のハー・キム・ゴック大使は、ベトナムの代表の機関、在アメリカベトナム青年学生協会間とのオンラインの会談に参加し、新型コロナウイルス感染の状況とベトナム人民と留学生を援助する方法を会談した。今まで、在アメリカベトナム大使館代表機関は

ベトナムの新型コロナウイルス感染防止の成功、その中ベトナム人保護の役割は、世界に高く評価された。この問題について、在ベトナムノルウィ大使館のGreteLochen大使は、外国に滞在するベトナム人とベトナム人の留学生を保護に激励した。


「同胞」の意義

外国からベトナム人を帰国させる案内は、手続きの援助、空港で新型コロナウイルス感染の対応規定に従い隔離地区へ送られることは同時に実施された。その国内の「同胞」の関心は、外国から帰国したベトナム人たちに感動を与えた。89号の患者であるアメリカから帰国したベトナム人の留学生は「クチ野戦病院で治療される14日間は、私の人生で忘れられない期間です。医師からよく関心されたためです。」と述べた。

2020年の年初から今まで、ベトナムは、全国で医療設備が備った数千の隔離地区を設立した。イーユ(EU)が国境を封鎖する前の最後の飛行機に乗り、ヨーロッパから帰国したタイン・チャン氏は「祖国が手で保護することに感謝の意を送りたい」と述べた。



ヴァンドン空港で中国の武漢からのベトナム人を搬送した飛行便を除菌する
撮影:ヴィエット・リン



RT-PCRの方法で検査される外国から帰国したベトナム人
撮影:ベトナム通信社



外国から帰国したベトナム人を迎える隔離地区の一つ
撮影:コンダットーベトナムフォトジャーナル



ハノイのミーディン寄宿舎は、外国から帰国したベトナム人を迎える隔離地区の一つになった。
撮影:コンダットーベトナムフォトジャーナル

 

中央熱帯病で治療される患者とその医者への企業が援助するフリーの弁当。
撮影:タイン・ザンーベトナムフォトジャーナル



外国から帰国した80人のベトナム人は、ホアビン省にある隔離地区に入った。
撮影:ベトナム通信社



距離地区の一つを訪問するダン・ティ・ゴック・ティン副主席
撮影:ベトナム通信社



ホーチミン市医療局は、2区病院が人口腎臓の機械を備える地区を設立することを許可した。
撮影:ベトナム通信社



814中団で隔離する期間を終了した80人のベトナム人に隔離期間終了済の証明書を渡した。
撮影:チョン・ダットーベトナム通信社

 

「後ろに残る人はいない」、人民たちの生命が最高である精神は、ベトナムの政府新型コロナウイルス感染を防止する決意になった。
7月10日、新型コロナウイルス感染予防対策国家指導委員会と会談する時、ベトナムのグエン・スアン・フック首相は、外国に滞在するベトナム人を運ぶ飛行便を行う予定があると確認した。ベトナムの共産党、国家も外国に滞在するベトナム人民を帰国させる緊急策を考える。


文:フォン・トゥー
撮影:ヴィエット・リン、チャン・ヒエウ、フィー・フン、コン・ダット、タイン・ザン、ベトナム通信社、Vietnam Airlines