26/04/2020 10:00 GMT+7 Email Print Like 0

新型コロナ対策、世界各国が独自の戦略

(VOVWORLD) -新型コロナウイルスは世界中で人々の生活を大きく変えました。
各国の政府は感染拡大を防いだり、再発を避けつつ規制措置を緩和したりする方法に、それぞれ工夫を凝らしています。

多くの国で優先課題となっているのが休校措置の解除です。デンマークではすでに12歳未満の児童が通学を再開しました。校庭にテープを張って分割し、教室の机は2メートルの距離を取って配置しました。登校時刻や休み時間もグループごとにずらして間隔をあけました。

新型ウイルス感染症から回復した人に証明書を出す国もあります。チリでは今週から、陽性反応が出た後14日間の隔離期間を終えた人に電子式の免疫カードが発行されます。

児童らは2時間ごとに手を洗い、できる限り屋外で過ごしますす。洗面台やトイレの便座、ドアノブは1日2回消毒されます。

イギリスのハンコック保健相も今月、抗体を獲得した人からできるだけ通常に近い生活に戻れるよう、免疫証明の発行を検討していると述べました。